NEW

JRA難解なフェブラリーS(G1)も「勝ち馬条件」にハマったのは1頭のみ!? カフェファラオでもインティでもない「特注」はアノ馬

【この記事のキーワード】,

JRA難解なフェブラリーS(G1)も「勝ち馬条件」にハマったのは1頭のみ!? カフェファラオでもインティでもない「特注」はアノ馬の画像1

 21日、東京競馬場では今年最初のG1・フェブラリーSが開催される。

 19年の同レース勝ち馬インティをはじめ、アルクトス、サンライズノヴァ、ワイドファラオなどのG1馬の他にもカフェファラオ、レッドルゼル、オーヴェルニュといった新興勢力も台頭した。

 実績的にはG1馬に一目を置くべきかもしれないが、どの馬も前走を敗れての参戦。抜けた馬がおらず、馬券的にも難解なレースとなりそうだ。

 だが、そんなときだからこそデータの重要性が増すのではないだろうか。歴史は繰り返すといわれるだけに、過去10年の傾向から勝ち馬の条件を探ってみたい。

 人気別成績では1番人気が4勝、2番人気2勝、3番人気と4番人気が各1勝と、上位人気馬がそれなりに結果を残している。最低人気馬の1勝は14年のコパノリッキーならかなりのレアケースと見ていいだろう。

 年齢別成績では4歳馬が3勝、5歳馬が4勝、6歳馬が3勝に対し、7歳以上は未勝利と苦戦。インティ、サンライズノヴァは脱落する。展開的にもハイペースで流れやすいレースのため、マイペースで走りたいインティにとっては厳しいか。

 最も重視したいのが前走の内容である。

 好調馬が勢いそのまま連勝するケースが多く、前走1着馬が7勝とかなりの好成績。それ以外は、チャンピオンズC(G1)で12着に大敗していた17年のゴールドドリーム、14年のコパノリッキー、根岸S(G3)の3着から巻き返したテスタマッタの3回のみ。

 これらを考慮するとやはり前走1着は最優先の条件となるのではないか。今年の出走馬で前走勝ちはオーヴェルニュ、レッドルゼル、ソリストサンダーしか該当馬がいない。

 次に重要なのが前走の距離だ。

 1400mからの距離延長組の4勝に対し、1800mからの距離短縮組が6勝と優勢。1700mから勝利した馬はおらず、ソリストサンダーが脱落。オーヴェルニュとレッドルゼルの一騎打ちの様相だが、1800mの東海S(G2)を使われたオーヴェルニュに分があるとみてよさそう。

 他にも諸々の条件はあるかもしれないが、少なくとも過去10年の勝ち馬の傾向から最も勝利に近い条件が揃ったのはオーヴェルニュ1頭となりそうだ。

 データ上では最有力馬となったオーヴェルニュだが、残念ながら鞍上が未定のまま。前走で手綱を執った川田将雅騎手が、師匠である安田隆行調教師の管理馬レッドルゼルを選択したこともあり、鞍上問題が未解決のままとなっている。

 大きなチャンスのある馬だけに、どの騎手が新たにコンビを組むことになるのか大きな注目が集まる。

JRA難解なフェブラリーS(G1)も「勝ち馬条件」にハマったのは1頭のみ!? カフェファラオでもインティでもない「特注」はアノ馬のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇