NEW

【サウジCデー展望】チャンピオンズC(G1)覇者チュウワウィザードが“世界最高”10億円超ゲットに挑戦!藤田菜七子はC.デムーロら海外一流騎手相手に腕試し

【この記事のキーワード】, ,

【サウジCデー展望】チャンピオンズC(G1)覇者チュウワウィザードが世界最高10億円超ゲットに挑戦!藤田菜七子はC.デムーロら海外一流騎手相手に腕試しの画像1

 今週末(現地時間19~20日)には“石油王国”サウジアラビアで、第2回「サウジCデー」が開催される。キング・アブドゥルアズィズ競馬場には、世界中から“一獲千金”を狙う強豪馬が集結する。

 最大の注目は、メイン競走『サウジC』だろう。賞金総額2000万ドル(約21億円)、1着賞金は1000万ドル(約10億5000万円)という世界最高賞金の一戦である。

 ダート1800mを舞台に行われるこのビッグレースには、日本からチュウワウィザード(牡6歳、栗東・大久保龍志厩舎)が参戦する。

 これまでダートの中距離路線を中心に走ってきたチュウワウィザード。国内では18戦して、「10-3-4-1」という好成績。唯一の着外も4着で、大崩れすることなく堅実に走ってきた。

 前走のチャンピオンズC(G1)では、2着のゴールドドリームに2馬身半差をつける完勝を収め、中央のG1を初制覇。鞍上は引き続き戸崎圭太騎手が務め、10億円超の賞金ゲットを狙う。

 とはいえ、チュウワウィザードが越えるべきハードルは少なくない。同馬にとって海外遠征は今回が初めてで、砂の質が合うかも未知数。そして、コロナ禍において陣営には通常とは違う制約も多々あるだろう。

 昨年開催された第1回のサウジCでは、日本馬が2頭参戦。ゴールドドリームが6着、クリソベリルは7着と期待に応えることはできなかった。それでもそれぞれ5000万円以上の賞金を獲得。その挑戦自体が陣営には大きな財産になったはずだ。

 昨年のサウジCは、マキシマムセキュリティという大本命がゴール前の競り合いを見事制した。しかし、今年は絶対的な存在がいない。有力馬を強いて挙げれば、2020年の仏ダービー(G1)馬ミシュリフ(牡4歳、J.ゴスデン厩舎)と今年のペガサスWC(G1)を制したニックスゴー(牡5歳、B.コックス厩舎)あたりか。

 ミシュリフは、前走の英チャンピオンSで8着に敗れ、連勝が3でストップ。しかし、キャリア唯一のダート戦でもある昨年のサンバサウジダービーでは2着に好走している。ちなみに、そのレースを優勝したのが武豊騎手騎乗のフルフラットだった。ミシュリフは、それ以来のダート戦で1年前の悔しさを晴らしたい。

 ニックスゴーは昨年2月から4連勝中と勢いに乗る。アメリカ産馬らしく、持続力に秀でたスピードタイプで、2走前のブリーダーズCダートマイルではレコード勝ちを収めた。5連勝で10億円ゲットはなるか。

 他には、昨年5着馬のタシトゥス(牡5歳、W.モット厩舎)がリベンジを狙う。1年前は後方から最後までジリジリ伸びており、好位から競馬ができれば、一発の可能性も。いずれにしても、チュウワウィザードには十分勝機がありそうなメンバー構成といえるだろう。

 他のレースにも日本馬が登場する。サウジCの直前に開催される6ハロン戦の『リヤドダートスプリント』だ。

【サウジCデー展望】チャンピオンズC(G1)覇者チュウワウィザードが“世界最高”10億円超ゲットに挑戦!藤田菜七子はC.デムーロら海外一流騎手相手に腕試しのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  2. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  3. JRAヴィクトリアマイル(G1)はソダシ、デアリングタクト、レイパパレをまとめてバッサリ! 3強が持つ弱点とは
  4. JRAレイパパレ川田将雅「切望」問答無用の1着固定! デアリングタクト、ソダシ、レシステンシア「まとめて消し」で万馬券狙い【ヴィクトリアマイル(G1)予想】
  5. JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙う
  6. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  7. 「驚くくらい活躍する」元JRA細江純子氏の予言が現実に…藤田菜七子“待望の2勝目”も霞む、女性騎手の「エース候補」が“神騎乗”連発!
  8. JRA「ウマ娘」藤田晋オーナーの快進撃に急ブレーキ!? 新人オーナーに降りかかった競馬の“洗礼”…日本ダービー(G1)参戦を見据える使い分けが招いた「2つの悲劇」とは
  9. JRAヴィクトリアマイル(G1)の法則で「10番人気以下」の激走必至!? ソダシ、デアリングタクト、レイパパレら「大物食い」が期待できる伏兵2頭とは
  10. JRAシャフリヤール、タイトルホルダーら挑戦も凱旋門賞「不要論」再燃……年々広がる武豊らホースマンの悲願と、ファン心理との「乖離」とは