NEW

JRAフェブラリーS(G1)同日「裏舞台」から約1年。チュウワウィザード、クリソベリル…… 鬼の居ぬ間に「あの騎手」が再び!?

JRAフェブラリーS(G1)同日「裏舞台」から約1年。チュウワウィザード、クリソベリル…… 鬼の居ぬ間に「あの騎手」が再び!?の画像1

 21日、東京競馬場で行われるダート1600m戦、フェブラリーS(G1)。昨年のチャンピオンズC(G1)に比べメンバーは劣るものの、混戦模様で馬券的には面白いレースとなりそうだ。

 昨年のチャンピオンズCで、1番人気で4着に敗れたクリソベリルは故障により休養中。2着ゴールドドリームは同レースを最後に、現役を引退している。

 勝利したチュウワウィザードは、1着賞金約10億円のサウジカップに選出。招待を受諾しており、2月20日の同レースに戸崎圭太騎手で出走予定だ。

 昨年のフェブラリーSも有力馬の回避が目立ち、有力馬であったゴールドドリーム、クリソベリルが共にサウジカップへ出走。コパノキッキングも「来年は世界の1200mを目指す」という理由から回避し、混戦必至のメンバー構成となっていた。

 そんな大混戦を物語るように、7歳馬のケイティブレイブ(16番人気)が2着に入り波乱の決着。今年も一筋縄では収まらないかもしれない。

JRAフェブラリーS(G1)同日「裏舞台」から約1年。チュウワウィザード、クリソベリル…… 鬼の居ぬ間に「あの騎手」が再び!?の画像2

 注目したいのは、8歳馬のエアスピネル。鞍上は、鮫島克駿騎手だ。

 昨年のチャンピオンズCでは、カフェファラオと同タイムの7着。騎乗した福永祐一騎手は「(ダート1800mより)マイルの方がいい感じがします」とコメントしており、距離短縮はプラスとなりそう。2走前の武蔵野S(G3)はハイペースの追い込み決着となったが、早め抜け出しで唯一、馬券圏内に残ったのがエアスピネル。負けて強しの内容だったことからも、この舞台への適性は高そうだ。

『netkeiba.com』の予想オッズでは、カフェファラオが1番人気に対しエアスピネルが11番人気。カフェファラオは東京ダート1600mで無敗という点が評価されてのものだろうが、それならばチャンピオンズCで同タイムだったエアスピネルも侮れない。

 フェブラリーSでダート5戦目となるエアスピネルだが、間隔を開けた方がいいタイプなのか、ダートに転戦後はフレッシュな状態でしか好走していない。

 1年間の休み明けであったプロキオンS(G3)で2着、3カ月のリフレッシュ放牧明けだった武蔵野Sで好走。間隔を詰めて使った、エルムS(G3)、チャンピオンズCの2走は、ともに7着と敗戦を喫している。

 今回は、約2カ月半ぶりの出走。根岸S(G3)の上位2頭、レッドルゼル、ワンダーリーデルにもプロキオンSでは先着しており、人気ほどの力差はないだろう。

 エアスピネルに騎乗する鮫島駿騎手は、昨年はフェブラリーS同日に裏の小倉大賞典(G3)に騎乗。単勝18.1倍のカデナで、重賞初制覇を飾っている。

 それから約1年が経ち、表舞台でのチャンスを手にした鮫島駿騎手。今年はフェブラリーSで、人馬初となる悲願の初G1制覇に期待したい。

JRAフェブラリーS(G1)同日「裏舞台」から約1年。チュウワウィザード、クリソベリル…… 鬼の居ぬ間に「あの騎手」が再び!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!