NEW

JRAアカイトリノムスメが阪神JF(G1)に出走しなかった衝撃の理由!? 国枝調教師が明かした金子オーナーからの「リクエスト」とは

JRAアカイトリノムスメが阪神JF(G1)に出走しなかった衝撃の理由!? 国枝調教師が明かした金子オーナーからの「リクエスト」とはの画像1

 16日、クイーンC(G3)の勝ち馬アカイトリノムスメ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)が桜花賞(G1)へ直行することが明らかになった。

 新馬戦こそ7着に敗れたが、未勝利戦を勝ち上がると3連勝で重賞制覇を飾ったアカイトリノムスメ。クイーンCで3着に下したククナは、昨年のアルテミスS(G3)で2歳女王ソダシの2着だったということを考えれば、クラシックに向けて収穫のあるレースだったと言えるだろう。

 父ディープインパクト、母アパパネという金子真人オーナーゆかりの12冠ベビーということで話題となったが、両親の能力をしっかりと引き継いでいるようだ。ちなみにアパパネはハワイに生息するアカハワイミツスイの英語名が名前の由来。その娘のため、アカイトリノムスメというわけだ。

 新馬戦を敗れてから2連勝で赤松賞を制したのはアパパネと同じ。さらに、赤松賞の勝ち時計は1分34秒5で偶然にも同じだった。牝馬3冠を達成した母と同じ道を歩んできたが、4走目は母仔で違うレースに出走した。

 アパパネは阪神JF(G1)、アカイトリノムスメはクイーンCをそれぞれ優勝している。ただ、どちらも管理するのが国枝調教師であれば、同じローテーションで使って欲しかったというファンも少なくないだろう。

 そんな疑問の舞台裏が明らかになった。なぜアカイトリノムスメが阪神JFへ向かわなかったかについて、平松さとし氏のコラムで国枝調教師のコメントが掲載されている。

 国枝厩舎のトレードマークであるシャドーロールをアカイトリノムスメがつけていない理由などの興味深い話が盛りだくさんのため、詳細についてはぜひ本記事をご確認いただきたい。

「アカイトリノムスメに関して金子オーナーから何か注文はないのか」という問いに対して、国枝調教師は「阪神JFは同じ金子さんのソダシがいるから使わないでほしいと言われたけど、とりあえずそれくらいですね」と話している。

 過去には01年の安田記念(G1)を制したブラックホーク、07年のNHKマイルC(G1)を制したピンクカメオは金子オーナーの要望で出走したというエピソードもあり、さすがに逆らえなかったのかもしれない。

 ただ、「間隔が詰まるのでいずれにしろそこを使う気はなかった」と国枝調教師は語っており、偶然にもオーナーの意向と陣営の思惑が一致したのが真相のようだ。

 ソダシも父クロフネ、母ブチコと金子オーナーゆかりの血統馬。2歳G1でアカイトリノムスメとの対決を避けたいというのが親心だったのかもしれない。

 だが、桜花賞では2頭が激突することになる。アーモンドアイという看板を失った国枝厩舎にとって、アカイトリノムスメは厩舎の未来を背負う期待馬。遠慮なくソダシに真っ向勝負を挑むことになるだろう。

 果たして、金子オーナーが所有する白毛馬と“赤い鳥の娘”による紅白対決はどちらに軍配が上がるだろうか。

JRAアカイトリノムスメが阪神JF(G1)に出走しなかった衝撃の理由!? 国枝調教師が明かした金子オーナーからの「リクエスト」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由