NEW

JRAフェブラリーS(G1)レッドルゼル&川田将雅は「買い」か「消し」か? 最重要データと関係者証言で導かれた結論は……

JRAフェブラリーS(G1)レッドルゼル&川田将雅は「買い」か「消し」か? 最重要データと関係者証言で導かれた結論は……の画像1

 週末はいよいよフェブラリーS(G1)だが、今年は近年まれに見る大混戦といっていいだろう。

 武豊騎手が騎乗するも約2年間未勝利のインティ、C.ルメール騎手が騎乗したチャンピオンズC(G1)があっけない敗退だったカフェファラオ、前走が重賞初勝利のオーヴェルニュとレッドルゼル、マイルチャンピオンシップ南部杯(G1)の優勝馬アルクトスやサンライズノヴァは、JRAのG1レースで連対の経験がない。果たしてどの馬がもっとも勝利に近いのだろうか。

 特にファンの頭を悩ませているのが、根岸S(G3)を勝利したレッドルゼル(牡5、栗東・安田隆行厩舎)の存在だろう。

JRAフェブラリーS(G1)レッドルゼル&川田将雅は「買い」か「消し」か? 最重要データと関係者証言で導かれた結論は……の画像2

 鞍上は絶好調の川田将雅騎手、そしてフェブラリーSの前哨戦である根岸Sを快勝と、このレースでもっとも勢いのあるコンビだ。しかし今回はデビュー以来初めてとなる1600m戦。フェブラリーSは芝スタートで、直線が長く坂もあり、スタミナとスピードが要求されるタフなコース。インターネットの掲示板では「買い」だの「消し」だの激論が飛び交っていることもあり、今回はレッドルゼルがフェブラリーSで通用するのか、そのダート1600m適性などについて検証してみた。


■血統からは?

 まず距離適性を語るうえでもっとも重要なのが血統だ。レッドルゼルの父はロードカナロア。アーモンドアイやサートゥルナーリアなどの名馬を輩出するなど、その能力は誰もが認めるところ。これまでJRAの重賞レースを36勝しているが、意外にもダートの重賞レースはレッドルゼルの根岸Sが初めてで唯一の勝利。芝35勝・ダート1勝はあまりにも両極端だ。また細かい成績を見てみると以下の通り。

□ 芝  2903戦356勝(勝率12.2%)
□ダート 1408戦143勝(勝率10.1%)

 芝ダートともに勝率では大きな差はない。しかしダートの勝利の内訳を見ると、距離適性がわかりやすい。

□ダート1000~1400m 95勝(勝率10.9%)
□ダート1600~2400m 48勝(勝率8.7%)

□ダート1400m以下で勝利した3勝クラス・オープン以上のレース 9勝
□ダート1600m以上で勝利した3勝クラス・オープン以上のレース 2勝

 ダート1600m以上の2勝はダノンスプレンダーのみ。それ以外の馬は、1600m以上の距離になると3勝クラスの壁を超えられないでいる。

 そして1600m以上のダート重賞の成績は【0.0.0.4】で3着以内は無し。逆にダート1200~1400mは【1.2.0.7】で連対率30%という成績だ。上記の成績からわかるのは、ロードカナロア産駒がダート1600m以上で通用するのは基本的に2勝クラスまでといっていい。芝では1200~2400mの幅広い距離で活躍しているが、ダートはそれほどでもないのである。

 以上のデータから、ロードカナロア産駒が東京ダート1600mの重賞を勝利するのは至難の業といえよう。

JRAフェブラリーS(G1)レッドルゼル&川田将雅は「買い」か「消し」か? 最重要データと関係者証言で導かれた結論は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 看板馬引退で超名門厩舎がまさかの「崖っぷち」!? 重賞「71連敗」を止める秘策とは
  2. JRA【日経新春杯(G2)予想】大本命ステラヴェローチェより期待したい「あの伏兵」に波乱の兆し!? 昨年96万馬券の中京開催だからこそ狙いたい好配当の使者とは
  3. JRA武豊、金子真人氏へ「10年ぶり」追悼の勝利届ける! ダービー馬ワグネリアンを失ったディープインパクトオーナーに誓う重賞V
  4. JRA大出世レース・共同通信杯(G3)今年も「超大物」続々……。ジオグリフVSダノンスコーピオン、昨年のエフフォーリアに続く大器出現の予感
  5. 「もっと前行け、ボケィ」JRA岩田康誠の“不可解騎乗”に粗品もキレた!? コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変、C.ルメール「サザエさん症候群」止まらず!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA エフフォーリアに続く「期待馬」が京成杯(G3)に出走! 横山武史「騎乗停止」の代役抜擢は15年前のリベンジ誓う一流ジョッキー!?
  7. JRA 愛知杯(G3)「神騎乗」武豊に絶賛の嵐!? レジェンドの進路取りにファン称賛も「別角度」元JRA安藤勝己氏が着目したポイントとは
  8. JRA【AJCC(G2)展望】「G1級実力」オーソクレースVS遅れてきた「大器」ポタジェ!ボッケリーニは「騎乗停止」明け横山武史が魅力
  9. 【東海S(G2)展望】福永祐一の代打「21歳」団野大成、ついに1番人気濃厚!? JRA重賞57回目で初の重圧に挑む
  10. JRA「G1・9勝」武豊ルビーカサブランカは、あの「ゴルシ担当」今浪厩務員! 白毛の女王ソダシも手掛ける腕利きが通算20勝の大台に