NEW

JRA追加登録料「200万円」で日本ダービー(G1)出走もまさかの「最下位」。フェブラリーS(G1)で引退を迎える激動のG1馬

JRA追加登録料「200万円」で日本ダービー(G1)出走もまさかの「最下位」。フェブラリーS(G1)で引退を迎える激動のG1馬の画像1

 21日、今年最初のG1・フェブラリーSが開催される。東京競馬場で誘導馬を務めるサクセスブロッケンは、このレースが最後の仕事となる。

 2007年11月の新馬戦を「大差」勝ちしたサクセスブロッケン。なんと2着につけたタイム差は3秒1で、約20馬身差の衝撃的なデビューだった。その後も、「3馬身半」「4馬身」「5馬身」と圧倒的な走りで4連勝を決めて、ダート界の大物として注目された。

 そんなサクセスブロッケンが5戦目に選んだレースは、なんと競馬の祭典・日本ダービー(G1)だった。

 これまでの圧倒的なパフォーマンス、さらに陣営が芝でも走れると判断したことが出走の後押しとなったようだ。サクセスブロッケンはクラシック登録を行っていなかったため、追加登録料200万円を支払って大舞台に挑むこととなった。

 初の芝レースながらもサクセスブロッケンは、NHKマイルC(G1)の勝ち馬ディープスカイ、皐月賞(G1)を1番人気で3着だったマイネルチャールズに次ぐ、3番人気の支持を集める。

 父シンボリクリスエスは芝ダートともに活躍馬を輩出しているが、最終的にはダートの方が産駒の勝ち星が多かった。しかし、サクセスブロッケンは初年度産駒ということもあり、芝で活躍したシンボリクリスエスを父に持つとなれば、芝でも走れるのではないかと思ったファンが多かったことも人気を後押ししただろう。

 しかし、同じように好位からの競馬で圧勝していたダートとは一変して直線でズルズルと後退、最下位に敗れた。優勝したディープスカイから2秒以上も遅れての入線では、陣営も芝を諦めざるを得ない結果だった。

 その後、再びダート路線に戻ったサクセスブロッケンはジャパンダートダービー(G1)を優勝。得意舞台で再び実力を証明した。

 だが、その後はJBCクラシック(G1)、ジャパンカップダート(G1)、東京大賞典(G1)と、古馬相手になかなか勝つことができなかった。

 久々の勝利の美酒を味わったのが明け4歳で挑んだフェブラリーS。ここまでの敗戦から6番人気まで評価を下げたサクセスブロッケンだったが、最後の直線でカジノドライヴ、カネヒキリとの競り合いを制してダート王者に輝いた。日本ダービーで屈辱を味わった府中で、見事にリベンジを達成した瞬間である。

JRA追加登録料「200万円」で日本ダービー(G1)出走もまさかの「最下位」。フェブラリーS(G1)で引退を迎える激動のG1馬のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!