NEW

JRAレッドルゼルに「致命的弱点」あり!? フェブラリーS(G1)距離延長より不安なロードカナロア産駒の“絶望的”条件とは

【この記事のキーワード】,
JRAレッドルゼルに「致命的弱点」あり!? フェブラリーS(G1)距離延長より不安なロードカナロア産駒の絶望的条件とはの画像1
レッドルゼル JBISサーチより

 21日、東京競馬場では今年最初のG1レース、フェブラリーS(G1)が開催される。

 注目は、近走の安定した走りから上位人気が濃厚のレッドルゼル(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。川田将雅騎手が3連勝中のオーヴェルニュではなく、こちらを選んだこともその人気を押し上げそう。ただし、課題も少なくない。

「最大の課題は初めてとなる1600mという距離です。これまで一貫して1200~1400mを使われ、陣営も前走(根岸S)からの距離延長には、『この1ハロンは万里の長城くらい長い』と不安を隠していません。

しかし、距離と同じか、それ以上に不安な要素もあります。それが東京のダート1600mという独特のコース形態です。スタート地点が2コーナーの奥に位置しており、枠によって最初の150~180mほどは芝の上を走ります。この『芝スタート』がレッドルゼルにとってマイナスになるかもしれません」(競馬誌ライター)

【レッドルゼル、ダートコースのスタート種別成績】
芝・スタート【3-3-0-2/8】
ダ・スタート【4-2-0-0/6】

 ダートではこれまで14戦して12連対という安定感を誇るレッドルゼル。しかし、2度の着外はいずれも、スタート後に芝部分を走るコースでのものだった。

 まず取り上げたいのは、4走前のプロキオンS(G3)だ。重賞初挑戦ながら、1番人気に支持され、8着に敗れたレースである。

「舞台は阪神ダート1400mでした。このコースもスタートから150mほど芝の上を走ります。レッドルゼルは、3枠5番から好スタートを切りましたが、芝部分ではなかなかついていけず、鞍上の川田騎手が激しく手綱を押していたのが印象的です。

トップスピードに乗ったのは脚元がダートに変わった後。ハイペースのなか、インの好位(4~5番手)を追走しましたが、直線では伸びを欠き、自己ワーストの8着に敗れました」(同)

 1度目の凡走も振り返っておこう。3歳4月の端午S(OP)で、7着に敗れた時のことだ。その時も芝スタート(の京都1400m)だったが、注目すべきはこのレースが、500万下(現1勝クラス)を勝ち上がった直後の昇級初戦だったこと。

 つまり2度の着外は、芝スタートかつメンバーレベルが一気に上がった一戦という共通点があった。今回のフェブラリーSはレッドルゼルにとって初めてのG1。そして芝スタートである。

JRAレッドルゼルに「致命的弱点」あり!? フェブラリーS(G1)距離延長より不安なロードカナロア産駒の“絶望的”条件とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 看板馬引退で超名門厩舎がまさかの「崖っぷち」!? 重賞「71連敗」を止める秘策とは
  2. JRA【日経新春杯(G2)予想】大本命ステラヴェローチェより期待したい「あの伏兵」に波乱の兆し!? 昨年96万馬券の中京開催だからこそ狙いたい好配当の使者とは
  3. JRA武豊、金子真人氏へ「10年ぶり」追悼の勝利届ける! ダービー馬ワグネリアンを失ったディープインパクトオーナーに誓う重賞V
  4. JRA大出世レース・共同通信杯(G3)今年も「超大物」続々……。ジオグリフVSダノンスコーピオン、昨年のエフフォーリアに続く大器出現の予感
  5. 「もっと前行け、ボケィ」JRA岩田康誠の“不可解騎乗”に粗品もキレた!? コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変、C.ルメール「サザエさん症候群」止まらず!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA エフフォーリアに続く「期待馬」が京成杯(G3)に出走! 横山武史「騎乗停止」の代役抜擢は15年前のリベンジ誓う一流ジョッキー!?
  7. JRA 愛知杯(G3)「神騎乗」武豊に絶賛の嵐!? レジェンドの進路取りにファン称賛も「別角度」元JRA安藤勝己氏が着目したポイントとは
  8. JRA【AJCC(G2)展望】「G1級実力」オーソクレースVS遅れてきた「大器」ポタジェ!ボッケリーニは「騎乗停止」明け横山武史が魅力
  9. 【東海S(G2)展望】福永祐一の代打「21歳」団野大成、ついに1番人気濃厚!? JRA重賞57回目で初の重圧に挑む
  10. JRA「G1・9勝」武豊ルビーカサブランカは、あの「ゴルシ担当」今浪厩務員! 白毛の女王ソダシも手掛ける腕利きが通算20勝の大台に