NEW

パチスロ「手堅く食える」との声も浮上!「3つのポイント」を押さえて「平均1,400枚」のAT奪取へ!!

【この記事のキーワード】

,

パチスロ「手堅く食える」との声も浮上!「3つのポイント」を押さえて「平均1,400枚」のAT奪取へ!!の画像1

 2月に入り、大都技研の『政宗3』、アデリオンの『パチスロ バイオハザード7 レジデント イービル』、ネットの『パチスロ フレームアームズ・ガール』といったAT機の導入が開始。

 SNS上でも盛り上がりを見せる一方、ガチプロたちを中心に「手堅く食える」と、にわかに注目を集めるマシンがある。コナミアミューズメントの『麻雀格闘俱楽部 真』である。

 当機は1G純増約5.0枚のAT機能を出玉トリガーとしており、通常時は基本的に周期準備を経て対局へと発展。対局中は成立役に応じて獲得牌が変化し、テンパイできなければ次周期、テンパイできれば最終的に当り牌を引き当てることで「格闘倶楽部ボーナス」へ突入する。

 格闘倶楽部ボーナスは差枚数管理型で、その枚数はアガリ時の点数で決定(最大480枚+α)。消化中は四神リプレイ揃いで四神闘技場の勝利ストックが加算され、消化後に突入する四神闘技場を4勝できれば平均して1,400枚を獲得できる「真 格闘倶楽部RUSH」がスタートする。

 このように、当機は初当りの格闘倶楽部ボーナスを真 格闘倶楽部RUSHへと繋げることで、まとまった出玉を得られる仕様。反面、ヒキが伴わなければじわじわと投資が嵩む危険性もあるが、3つのポイントをおさえておけば、少ない投資で初当りを射止めることもできるのである。

 まず、オーソドックスなのが777G+αで到達する天井狙いで、理論上、250G以上のハマリ台を打てばプラス収支が見込める。無論、天井までの残りゲーム数が少ないほど期待値は高まるので、400G以上のハマリ台を見付けられればベストといえる。

 また、300ポイント蓄積されると次周期に「役満チャンス」(87.5%)や「試練の扉」(12.5%)へ突入する「大龍壺」は、150ポイント以上で打つ価値あり。同ポイントは液晶画面右下で確認できる。

 残る立ち回り術は「冬背景」及び「富士山」狙いで、同ステージを打てば次周期で「イベントモード」へ突入し、初当りへと結び付く可能性が高まる。

 ただし、これらが落ちている確率は低いので、次回に冬背景へと移行する「秋背景」を狙ってイベントモードまで様子を見るのもひとつの手だ。

 なお、当機はPUSHボタンを押せばアルバムの閲覧が可能で、設定示唆画面を確認できるケースもある。思わぬお宝台を見逃さないためにも、空き台のアルバムチェックは欠かさないようにしよう。

【注目記事】

パチンコ「140連」マッハ連の衝撃作!「限界」を攻めた「極限スペック」も始動!!

パチンコ名機『ファインプレー』撤去前に打ち収め…「最高の羽根物」でサヨナラ満塁ホームラン!!

甘デジ「一撃狙い」の“超攻撃的”立ち回り!「10万発の野望」新シーズン開幕!!

パチスロ「手堅く食える」との声も浮上!「3つのポイント」を押さえて「平均1,400枚」のAT奪取へ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!