NEW

パチスロ「設定6」の出玉推移は特徴的!? 話題の「キングスペック」高設定の挙動が判明!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ「設定6」の出玉推移は特徴的!? 話題の「キングスペック」高設定の挙動が判明!!の画像1

 1G純増約6.0枚という高純増に加えて、0G連上乗せもあり。その名に相応しいシリーズ屈指の出玉性能を有する平和の最新タイトル『パチスロKING黄門ちゃま』は、主にCZ「勧善懲悪ジャッジメント」を4回突破することでATへと突入する。

 通常時は「八兵衛ポイント」を貯めてアイテムを獲得しつつ規定ゲーム数を消化する流れで、「探偵ステージ」や「夜ステージ」への移行はCZ突入に期待。規定ゲーム数は「A」~「E」と5種類あるモードで管理され、基本的に上位モードほど浅いゲーム数が選ばれやすいと思われる。ちなみに、モードE移行時はほぼ100G以内にCZへと結び付くようだ。

 高設定、とりわけ設定6はこのモード移行率が顕著に優遇されており、モードA選択率がわずか1.2%であるだけでなく、7割以上でモードD以上に振り分けられるのが大きな特徴。他の設定と比べて、設定6は明らかにCZ間でハマリにくいのである(モードE移行率は全設定共通7.8%)。

 また、本機はCZでのトータル突破割合も設定に準じてアップし、その数値は設定1が53.4%なのに対して、設定6は81.1%。設定6はコンスタントにCZへ突入する上に突破もしやすいことから、必然的にAT当選率がズバ抜けて高くなるというわけだ。

 一方、AT中の出玉にまつわる抽選については高設定ほど抑えられており、主に初期枚数を決める特化ゾーン「王ちゃまGAME」における「ベストアンサー」時の「王ちゃまアタック」当選率は設定1:12.5%~設定6:1.6%で、ハズレが5回成立するたびに上乗せ抽選と共に行われる「MITO9」抽選の当選率は設定1:3.1%~設定6:0.8%。

 チャンス役成立時に行われるMITO9当選率も同様に低設定ほど高まり、AT中における20G継続の疑似ボーナス「カモンボーナス」当選率も設定1:2405分の1~設定6:28332分の1と大きな開きが設けられている。一度でもカモンボーナスの当選を確認できたら、設定6以外を疑ってよさそうだ。

 このように、本機の高設定はATへ当選しやすい反面、AT自体は伸びにくい傾向にある。その挙動は履歴やスランプグラフから判別できるので、立ち回りに役立てることはもちろん、設置店のネットデータをチェックすることで優良店か否かの判断材料としても活用できるであろう。

【注目記事】

パチンコ店の裏側で起きた「極悪な〇〇」に怒りと絶望が…「めちゃくちゃ身勝手」な店長の思い出

パチスロ「無敵と自力」が大量出玉を生み出す!? 6号機初となる「転落型AT機」の魅力に迫る!

甘デジ「右16R比率65%」の激アツ性能!業界初「システム」を搭載した“スウィート”マシン!!

パチスロ「設定6」の出玉推移は特徴的!? 話題の「キングスペック」高設定の挙動が判明!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!