NEW

セガサミー遊技機事業は「約88億円」の経常損失。コンシューマ分野で好調も…

【この記事のキーワード】, , ,

セガサミー遊技機事業は「約88億円」の経常損失。コンシューマ分野で好調も…の画像1

 大手パチンコ・パチスロメーカーのサミー、ゲームメーカーのセガなどの持ち株会社であるセガサミーホールディングス(東証一部:6460)は2月12日、2021年3月期第3四半期決算を公表した。

 これによると売上高2101億7,700万円、営業利益135億2,700万円、経常利益125億7,400万円、純損失62億3,900万円。前年同期比でそれぞれ25.2%減、51.8%減、51.4%減で、前年同期は純利益229億8,900万円だった。

 遊技機業界は旧規則機の撤去期限延長を受け、引き続きホールの購買意欲の回復には時間を要する状況。パチンコ遊技機については、新規則機の人気タイトルが登場するなど、需要回復への期待が高まっている。

 遊技機事業においては、パチスロ遊技機は『パチスロ七つの大罪』などの3タイトルを主に販売し、販売総数は12,487台。パチンコ遊技機は『P真・北斗無双 第3章』などの3タイトルを中心に累計59.359台を販売し、結果、売上高373億7,200万円、経常損失87億7,100万円となり、パチスロ遊技機105,860台、パチンコ遊技機75,094台を販売した前年同期の売上高871億8,000万円、経常利益194億8,000万円を大きく下回った。

 エンタテインメントコンテンツ事業においては、コンシューマ分野で「龍が如く7 光と闇の行方」(欧州版)などのゲーム本編や、主にスマートフォンやPC向けのゲームコンテンツとするF2Pで「Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories」などの新作タイトルが好調に推移。

 アミューズメント機器分野では「UFOキャッチャーシリーズ」などの定番製品の販売に加えて「StarHorse4」のコンテンツ更新料を計上し、アミューズメント施設分野では6月中旬以降に全店舗で営業を再開、郊外やショッピングセンターの店舗を中心に施設稼働の回復が進んだことなどにより、売上高は前年同期比10.0%減の1676億300万円、経常利益は前年同期比106.8%増の331億9,600万円となった。

 今後の見通しとしては、遊技機事業は販売ラインナップを見直し、一部のタイトル販売を来期に遅らせたことから、販売タイトル数の減少を予定。

 パチスロ遊技機は『パチスロ北斗の拳 宿命』『パチスロAngel Beats!』など、パチンコ遊技機は『P甲鉄城のカバネリ』などを販売予定にあげた。

 通期連結業績予想については、エンタテインメントコンテンツ事業におけるコンシューマ分野の好調持続を主因に黒字転換する見込みとしたほか、構造改革に伴う特別利益の計上額が前回予想を上回る見込みとのことから、売上高2760億円、営業利益90億円、経常利益70億円、純損失30億円に修正。

 株主優待を廃止した一方、期末配当予想については中間配当から10円増額の1株当たり20円とした。

【注目記事】

パチスロ新台『バイオ7』のモード推測は「○○」をタッチ!「状態を察知」してチャンスを逃すな!!

パチンコ「6万発」も余裕の破壊力! 連チャンをストックする「未知のシステム」で“大量出玉”をプロデュース!!

パチスロ「高設定」を掴むコツ…“アノ機種”を狙って「7000枚」など大量出玉も!!

セガサミー遊技機事業は「約88億円」の経常損失。コンシューマ分野で好調も…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合