NEW

JRA無敵・川田将雅に「丸投げ」!? 安田隆行調教師「嫌だったけど仕方ない……」神枠ゲットも喜べない理由とは

【この記事のキーワード】

, ,

 21日、東京競馬場で行われるフェブラリーS(G1)の枠順が、19日に確定した。

 過去10年のフェブラリーSを振り返ると、複勝回収率で7枠が「207%」、8枠が「153%」と好成績。6枠、7枠、8枠で「6勝」と、外枠が高い確率で好走している。

 そんな外枠有利が定説のフェブラリーSで、今年大外を引き当てたのがレッドルゼル(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 過去5年で3勝を誇る根岸S(G3)の勝ち馬で、上位人気が予想されるレッドルゼル。18日、自身のYouTubeチャンネル「アンカッちゃんねる」を更新した安藤勝己氏も「距離的にどうかなって部分だけ」としながらも、「僕はね、前走見ても距離は持つと思うね」と太鼓判を押した。

 有力馬の神枠ゲット。陣営もさぞかし喜んでいるかと思いきや、実はそうではないらしい。

 同馬を管理する安田隆行調教師は「嫌だったけど仕方ない。決まったところでやるだけ」と落胆。「あとはジョッキーに任せます」と川田将雅騎手に“丸投げ”とも捉えられるコメントを残している。

「これまで1200mから1400mを使われてきたレッドルゼルですが、今回が距離延長となる1600m。師の思いとしては、折り合いをつけるために前に馬を置きたかったようです。大外だと前に壁を作るには下げざるを得ませんし、好位がキープできません。ジョッキーに任せるとのことでしたが、あとは川田騎手がどう乗るかですね」(競馬記者)

 外枠が欲しい陣営も多かったと思われるが、同馬にとっては最悪な枠。壁が作れないとなると距離の不安はやはり拭いきれない。

 しかし、そんなレッドルゼルにとって救世主となりそうなのが鞍上の川田騎手。2011年~2020年の10年間でフェブラリーSが外枠有利なのは冒頭でも述べた通りだが、東京ダート1600mという括りで見ても優秀であることを、まずは確認していただきたい。

■2010年~2020年の東京ダート1600m枠番毎成績
(勝率、連対率、複勝率、単回収率、複回収率)
1枠 4.7% 9.2% 14.0% 36% 53%
2枠 5.8% 11.5% 18.7% 57% 71%
3枠 6.5% 12.3% 18.8% 74% 70%
4枠 7.1% 13.0% 20.2% 55% 69%
5枠 6.5% 14.1% 20.7% 75% 75%
6枠 7.4% 14.7% 21.5% 62% 76%
7枠 6.8% 14.8% 21.6% 97% 87%
8枠 8.3% 16.5% 23.8% 77% 82%

 もともと外枠有利な傾向があるのだが、これが川田騎手の8枠となると、以下の数字へと跳ね上がる。

■2010年~2020年の東京ダート1600m 川田騎手の8枠成績
(勝率、連対率、複勝率、単回収率、複回収率)
8枠 27.3% 45.5% 72.7% 240% 155%

 計11鞍の内、馬券圏内を外したのは3回のみ。【3-2-3-3/11】という驚異的な成績を収めている。

JRA無敵・川田将雅に「丸投げ」!? 安田隆行調教師「嫌だったけど仕方ない……」神枠ゲットも喜べない理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!