NEW

JRA史上5位 三連単「2073万8890円」の大波乱! フェブラリーS(G1)迫る府中ダートで「あのレース」を超える高額配当。穴馬の共通点とは

【この記事のキーワード】

,

JRA史上5位 三連単「2073万8890円」の大波乱! フェブラリーS(G1)迫る府中ダートで「あのレース」を超える高額配当。穴馬の共通点とはの画像1

 20日、東京競馬場で行われた4R(1勝クラス)は、11番人気のハコダテブショウが優勝。2着に15番人気のマイグレーション、3着に9番人気のユイノチャッキーが入り、三連単「2073万8890円」の大波乱となった。

 東京競馬場で行われたレースとしては、最高配当で過去のレコードを更新。最低人気のミナレットが3着に入線し、G1での最高配当となった2015年のヴィクトリアマイル(G1)を超えるJRA三連単「史上5位」の高額配当となっている。

 レースは16頭立てのダート1400m戦。好スタートを切ったハコダテブショウが、大外枠から積極的にハナを奪う展開となった。

 道中は淡々と流れ、3コーナーではマイグレーションが2番手に進出。中団でレースを進めたユイノチャッキーも、4コーナーにかけて外から捲り上げる。

 直線に入っても、逃げるハコダテブショウの手応えは十分。2、3番手のマイグレーション、ユイノチャッキーも勢いは衰えず、前3頭がそのままの隊列でゴール。レースは行った行ったの決着となった。

 この日は1Rからダートレースが組まれていたが、単勝「183.2倍」の12番人気マイステージが勝利し、朝一番から三連単「281万2280円」の高額配当も出ている。明日、21日は同じく東京競馬場のダートコースでフェブラリーS(G1)が行われるだけに、高配当を期待する穴党ファンも多いことだろう。

 今回の2000万馬券は1400mだったが、過去にはフェブラリーSが行われるダート1600mでも、1000万円以上の高配当が2回。明日に控えたフェブラリーS攻略のためにも、これらの共通点を探ってみたい。

■東京競馬場ダート1600m 過去の3連単高額レース

2013年4月27日 三連単1162万6950円
ベールグリーン 12番人気 182.3倍
ローランズソング 9番人気 108.3倍
カラダドリーム 10番人気 130.8倍

2018年4月28日 三連単1002万8900円
ヤマニンリュシオル 16番人気 398.3倍
シネマソングス 2番人気 4.6倍
ジャンティエス 7番人気 23.2倍

 2018年の2着シネマソングスのみ上位人気であったが、それ以外の5頭は全て4コーナーで4番手以内の位置取りであった。今回のレースもそうであったが、やはり高配当を望むなら前目につける「逃げ・先行」馬を狙うのがセオリーといえそうだ。

 シネマソングスは4コーナー8番手であったが、上がりは「39.2秒」でメンバー中最速タイ。能力の高い馬は前残りの展開でも、地力で馬券内に食い込む可能性もあるということだろう。

 混戦模様のフェブラリーS。大波乱となるなら、そこには「行った行った」の決着が待っているかもしれない。

JRA史上5位 三連単「2073万8890円」の大波乱! フェブラリーS(G1)迫る府中ダートで「あのレース」を超える高額配当。穴馬の共通点とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!