NEW

JRA【中山記念(G2)展望】昨年はラッキーライラックVSインディチャンプなど「G1馬」5頭共演→今年はまさかの……

【この記事のキーワード】, ,

JRA【中山記念(G2)展望】昨年はラッキーライラックVSインディチャンプ「G1馬」5頭→今年はまさかの…… の画像1

 28日、中山競馬場では伝統のG2戦、中山記念が開催される。

 昨年はG1馬がなんと5頭も集結。ラッキーライラックやインディチャンプ、ウインブライトらに加え、ダノンキングリーなどG1さながらの豪華対決が話題を呼んだが、今年は一転G1馬が不在という小粒感が否めないメンバー構成となりそうだ。

 そんななか、今後の古馬中距離路線に向けて、楽しみな馬もいる。

 現在3連勝中の上がり馬、ヒシイグアス(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)は、前走の中山金杯(G3)で、54kgの軽ハンデを味方にココロノトウダイをクビ差退け、重賞初制覇を飾った。期待のハーツクライ産駒が5歳を迎え、ようやく本格化の兆しを見せている。

 中山の芝コースでは通算「3-2-0-1」。唯一の着外に敗れたスプリングS(G2)も1着馬と0秒2差の5着と大崩れしていない。確固たる主役不在の今年なら4連勝を飾り、堂々と大阪杯(G1)に名乗りを上げてもおかしくないだろう。

 不安があるとすれば、ハイペースになった時の対応だろう。これまで前半3ハロンが36秒を切るペースは2度しか経験がなく、5着と9着に敗れている。一方、36秒以上平均ペース以下の時は、「5-3-0-0」。ヒシイグアスの明暗は逃げ馬が作り出すペース次第になりそうだ。

JRA【中山記念(G2)展望】昨年はラッキーライラックVSインディチャンプ「G1馬」5頭→今年はまさかの…… の画像2

 そんなペースのカギを握るのが、キャリア8戦中6戦で逃げの手を打っているバビット(牡4歳、栗東・浜田多実雄厩舎)だ。

 昨年4月にデビュー3戦目で初勝利を挙げると、9月にかけてトントン拍子で4連勝を飾った。圧巻だったのは4連勝目のセントライト記念(G2)。春のクラシックでも善戦していたサトノフラッグやガロアクリークという強豪馬に影をも踏まさぬ逃亡劇を演じた。

 その勢いが買われ、菊花賞では3番人気という高い支持を受けたが、ハナを譲ったことが裏目に出たのか、10着に敗れた。その後は有馬記念(G1)にも挑戦。ここでは、敢然と逃げたが、13着に終わった。

 G1では、2戦連続2ケタ着順と結果が出なかったが、一線級と相まみえたことは今後の糧となるだろう。メンバーレベルが大きく下がる今回、単騎のマイペースで行ければ重賞3勝目がおのずと見えてくる。

JRA【中山記念(G2)展望】昨年はラッキーライラックVSインディチャンプなど「G1馬」5頭共演→今年はまさかの……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待