NEW

JRAマイネル軍団「主戦陥落」の危機!? 川田将雅に託された勝負懸かりの「2鞍」驚異の回収率「100%超え」に土曜競馬はウハウハか?

 27日、準メインのマーガレットS(L)、メインの仁川S(L)と、ともに有力馬の出走を予定するサラブレッドクラブ・ラフィアン

 マーガレットSにはマイネルジェロディ(牡3歳、栗東・西園正都厩舎)、仁川Sにはマイネルユキツバキ(牡6歳、美浦・高木登厩舎)がスタンバイしているが、どちらも川田将雅騎手が騎乗を予定している。

 サラブレッドクラブ・ラフィアンといえば「マイネル」の冠名で有名だが、その主戦を務めるのは柴田大知騎手。今年は勝ち切れない競馬が続いており、いまだ2勝と絶不調だ。

 1月10日に中山競馬場で上記の2頭に騎乗した柴田大騎手は、9Rの朱竹賞(1勝クラス)で1番人気のマイネルジェロディを9着に飛ばすと、メインのポルックスS(OP)でもマイネルユキツバキで4着に敗れた。

 しかし、マイネルジェロディは次走のかささぎ賞(1勝クラス)で丹内祐次騎手に乗り変わり、きっちりと1番人気に応えて快勝。マイネルユキツバキにしてもアルデバランSで川田将雅騎手が騎乗し、3着と馬券圏内には持ってきている。

 27日、丹内騎手は小倉競馬場で準メインの日田特別でラフィアンのアイオープナーに騎乗予定。メインレースの帆柱山特別では、川田騎手と同様、有力視されるマイネルアルケミーに騎乗を予定している。

 その一方で、柴田大騎手は土曜日の特別レースの想定に名前はない。昨年は期待馬のユーバーレーベンで思い通りの騎乗ができず無念の降板となるなど年間勝利数も陰りが見え始めており、今後の見通しは明るいとはいえない。

 主戦騎手に替わって騎乗を託された川田騎手。この「2頭」は、かなり勝負懸かっているといえるかもしれない。

「マイネル軍団の主戦を任される柴田大騎手ですが、騎乗数は多いものの成績は目立つほどではありません。一方、川田騎手に鞍上を託した際は、かなりの好成績を収めています。今週はマーガレットSと仁川Sでの騎乗を予定しているようですが、期待してもいいのではないでしょうか」(競馬記者)

 サラブレッドクラブ・ラフィアンの2020年騎手別成績を見ると、平地の勝率では川田騎手がトップ。騎乗数は少ないものの、連対率でも60%と高い確率で馬券になっている。

■2020年 ラフィアンの騎手別成績(勝率、連対率、複勝率)
川田将雅【2-1-0-2/5】40.0% 60.0% 60.0%
柴田大知【9-11-13-133/166】5.4% 12.0% 19.9%

 さらに回収率を見ても、川田騎手は単勝「162%」、複勝「114%」で、単勝、複勝ともにプラス収支となる回収率を叩き出している。

 また、一昨年の成績も優秀なことから、一過性のものでもなさそうだ。

■2019年 ラフィアンの騎手別成績(勝率、連対率、複勝率)
川田将雅【3-4-0-4/11】27.3% 63.6% 63.6%
柴田大知【7-12-13-182/214】3.3% 8.9% 15.0%

 因みに、2019年も単勝「147%」、複勝「117%」と高い回収率を誇った川田騎手。土曜日はこのコンビに注目してみてはいかがだろうか。

JRAマイネル軍団「主戦陥落」の危機!? 川田将雅に託された勝負懸かりの「2鞍」驚異の回収率「100%超え」に土曜競馬はウハウハか?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由