NEW

パチスロ初代『吉宗』で“全6”の大盤振る舞い!「あんなの冗談じゃあ!」と関係者が怒り狂う衝撃の結末…

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ初代『吉宗』で全6の大盤振る舞い!「あんなの冗談じゃあ!」と関係者が怒り狂う衝撃の結末…の画像1

 先日、パチスロ分野を牽引するメーカー大都技研は、一般社団法人日本記念日協会より「7月11日は大都技研の日」と認定されたと発表しました。

 これは4号機における同社の大ヒット作『吉宗』のビッグボーナス獲得枚数が「711枚」であること。そして『押忍!番長』の設置日は「2005年7月11日」である事が由来のようですね。

 大都技研といえば『吉宗』。そして『吉宗』といえば「711枚」というイメージは数多くのユーザーが抱いている事でしょう。『押忍!番長』の設置日にまで「711」を意識していた大都技研のこだわりが記念日として認められたという事ですね。

 自分も同社の「711」に魅せられた一人。4号機の全盛期には幾度となく『吉宗』に挑戦していました。「711枚」のビッグボーナスが「1G連」する事によって炸裂する計り知れない爆発力。それはもう完全に虜になっていましたよ。

 当時はパチンコ店のイベント規制などなかったので、平然と設定公開なども行われていましたね。多くのホールが「8の付く日は八代将軍の日」とか謳って『吉宗』に高設定が投じられていました。

 とはいえ、本機は4号機を代表する人気機種。イベント日には数多くのライバルが存在していたので、高設定を打てる機会など中々ありませんでした。「設定6」だと確信して打てるチャンスがあるんですから、ファンが殺到するのは当然ですね。

 自分も何度か『吉宗』の高設定台を打った事がありますが…。こと「設定6」に関しては別格でした。機械割は当時の上限ギリギリ「119.99%」。モード移行率も優遇されていましたが、明確な設定差があったのは「純ハズレ」です。

「純ハズレ」は、当選した時点でRTが32Gに短縮してボーナスを放出する歓喜のフラグ。その出現率は1/3276.8(設定1)~1/1092.26(設定6)と、最高設定はエクストラ仕様でした。

 自分が『吉宗』の設定6を打った際も、これまで打ってきた同機とは全然挙動が違いましたね。天国を抜けても「純ハズレ」で強制解除。上位モードへの移行率もすこぶる良好で初当りを量産する事となりました。

 肝心の1G連は全然引けませんでしたが、それでも容易く5000枚オーバーの出玉を獲得。これが『吉宗』の真骨頂か。そんな感動すら覚えましたね。

 設定6濃厚の台は何度も目撃してきましたが、万枚クラスの出玉を生み出す事も少なくありませんでした。あまりの破壊力ゆえに、地域で一番の優良店でさえ「全6」を実行する事はなかったのです。仲間内では都市伝説と化していたわけですが…。

パチスロ初代『吉宗』で“全6”の大盤振る舞い!「あんなの冗談じゃあ!」と関係者が怒り狂う衝撃の結末…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!