NEW

JRA武豊「生きた心地がしませんでした」松田国英VS角居勝彦! 名伯楽2人の引退で蘇る「師弟対決」の記憶

【この記事のキーワード】,

JRA武豊「生きた心地がしませんでした」松田国英VS角居勝彦! 名伯楽2人の引退で蘇る「師弟対決」の記憶の画像1

 28日、昨年70歳を迎えた松田国英調教師が、JRAの規定した定年制度により引退する。

 また、松田国厩舎の下で調教助手として活躍し、自身でもG1を「26勝」した角居勝彦調教師も、家業の天理教を継ぐことを目的として時を同じく勇退する予定だ。

 角居調教師は、『東スポWeb』の講談師・旭堂南鷹氏のインタビューにて「一番強かった馬は」の質問に対し、「ウオッカだろうなぁ。G1・7勝という実績もモノをいっていますよね」と回答。現在、種牡馬として大活躍のエピファネイアや、砂のディープインパクトと呼ばれたカネヒキリなど、これまで多くの活躍馬を送り出した角居調教師にとっても、ウオッカはやはり「格別」だったということだろう。

 1937年のヒサトモ、1943年のクリフジに続き史上3頭目、戦後初となる牝馬での日本ダービー(G1)制覇。歴史に名を残したウオッカとの記憶は、深く心に残っているようだ。

 これまでで「難しかったことは」という質問では「ウオッカを立ち直らせた時かな」と語った角居調教師。

 ウオッカについて「僕たちの馬じゃなくて、ファンの馬になった」と表現している。

 当時、牝馬による64年ぶりの日本ダービー制覇を成し遂げたウオッカに、競馬ファンは大いに沸いていた。

 しかし、続く宝塚記念(G1)では、1番人気に支持されるも8着に惨敗。3歳牝馬三冠の最後となる秋華賞(G1)でも、ライバル・ダイワスカーレットのみならず、レインダンスにも後塵を拝した。

 角居調教師は「いろんな声が耳に入ってくるんだよね。どこを使うのが正解か分からなくなって、馬にリズムを合わせるということが分からなくなっちゃってた」と当時を振り返る。

 次走に選ばれたエリザベス女王杯(G1)を、レース当日の右関節跛行により取り消し。リズムの狂ったウオッカは、ジャパンC(G1)4着、有馬記念(G1)でも11着と敗れると、G2レースの京都記念ですら6着と勝利できなくなっていた。

 復活の兆しが見えたのは、海外遠征で出走したドバイデューティーフリー(G1)。ダービー後、2000m以上の距離を使われてきたウオッカであったが、「1777m」と距離を大幅に短縮して挑んだレースである。

 デビュー2戦目以降、手綱を執り続けた四位洋文騎手(現・調教師)に替わり、鞍上を務めたのは武豊騎手。レースでは外目を追走すると直線でもしぶとく食い下がり、牡馬の一線級相手に4着と健闘した。

 帰国後はさらに距離を短縮し、桜花賞(G1)以来の1600m戦、ヴィクトリアマイル(G1)に出走。これを2着と健闘すると、同じくマイルの安田記念(G1)では、日本ダービー以来約1年ぶりの勝利を飾った。

 完全復活を果たしたウオッカは、再び距離を延長した毎日王冠(G2)で2着。後に歴史的一戦として語られることになる天皇賞・秋(G1)へと駒を進める。

JRA武豊「生きた心地がしませんでした」松田国英VS角居勝彦! 名伯楽2人の引退で蘇る「師弟対決」の記憶のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  2. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  5. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  6. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  7. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  8. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  9. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  10. JRA武豊「4億円」の大本命ダノンマイソウル撃破にしてやったり! シェルビーズアイ最後方から差し切り勝利に「まだまだ良くなる」