NEW

パチスロ新台『北斗の拳 宿命』が“最強出玉”を生む!?「新境地」を開拓した“覇者”の魅力に迫る!

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ新台『北斗の拳 宿命』が最強出玉を生む!?「新境地」を開拓した覇者の魅力に迫る!の画像1

 大手メーカー・サミーの看板機種と言えば『北斗の拳』シリーズ。パチンコ・スロット両分野に数々の名機種が誕生し、熱狂的ファンも多く獲得している。2021年3月には6.1号機として、シリーズの最新作が導入予定だ。2種類のATを備えた遊技性に期待は高まるばかりだ。

『パチスロ北斗の拳 宿命』(サミー)

 純増2.8枚、50枚あたり/35.8G。AT初当り確率は「1/340.1~1/194.2」となっている。本機はバトル継続型AT「BATTLE BONUS 伝承(以下、伝承BB)」と差枚数管理型AT「BATTLE BONUS 拳王(以下、拳王BB)」の2種類で出玉を伸ばしていく仕様だ。

 通常時からAT当選までのルートは「レア役からの直撃AT」「CZ『宿命の道(約50%)』からの当選」「七星チャンス経由より突入するCZ『秘孔究明チャレンジ』からの当選」と、様々な場面からAT当選の期待がもてる。従来の6号機と比較すると、非常に打ちやすい仕様と言えるだろう。

 バトル継続型AT「伝承BB」(平均獲得枚数400枚)は、前半パート「15G+α」or「30G+α」、後半パート「4Gの継続ジャッジ」の2部構成。AT中はリプレイorハズレを引くと敵の攻撃、それ以外は基本的にケンシロウの攻撃となる。

 炸裂目(1/9)が出現すると、ゲーム数の減算がストップ。次ゲームはダメージが与えやすいorゲーム数上乗せだ。内部的にダメージ量が蓄積され、それに応じて継続ジャッジを行う。ベルや炸裂目などをガンガン引くことが継続の鍵を握る。

 赤7揃いから突入するAT「拳王BB」は、差枚数管理型(平均獲得枚数650枚)で初期枚数は150枚以上。15枚役での減算はなしとなっている。上乗せ時は、4G+αの高確に移行。炸裂目やレア役は上乗せ濃厚だ。上乗せ時は「上乗せレベルUP」と「特化ゾーン」の抽選を行う。上乗せレベルは8段階で「10枚~300枚」あり、上乗せレベルを上げた状態で、いかに上乗せできるかが大量出玉の鍵を握る。

 本機は低ベース化によりダラダラとしたゲーム性を排除。AT初当りが軽い事もあり、6号機では一番流行りそうなスペックと感じる。そして、本機の出玉の鍵は自力要素が強い点。CZ「宿命の道」は、内部的に強敵ptが溜まり、ptがそのままAT期待度となるガチ抽選だ。好感を持つユーザーは多そうである。

 そして注目したいのは、大量出玉獲得の鍵を握る「拳王BB」。拳王BB中に発生する上乗せ特化ゾーン「拳王バトル」は、上乗せレベルをアップさせる特化ゾーンとなっており、継続率は50%だ。

「拳王バトル」終了後は、覇者モード(継続率66%)or世紀末覇者モード(継続率80%)に突入。7GのSTタイプとなっており、上乗せレベルが上がった状態で覇者モード中に成功できるかがポイントと言える。

 搭載れている「伝承BB TURBO」「拳王BB TURBO」も本機の特徴。レバーONは気合いが入ること間違いなしだ。是非、生まれ変わった『北斗の拳』を堪能してほしい。

(文=ひろ吉)

【注目記事】

パチスロ“万枚”を余裕で吐き出す『大花火』との激闘! フル攻略時の機械割「140%OVER」の爆裂を堪能なるか!?

パチスロ「多くのファンが狙った」人気作が「引退」へ… 沖スロの王道「バランススペック」の最後の雄姿

パチンコ「連チャン率」「10R比率」の “80%”越えを装備! 超強力な「ネオ時短」も有した最強マシン!!

パチスロ新台『北斗の拳 宿命』が“最強出玉”を生む!?「新境地」を開拓した“覇者”の魅力に迫る!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!