NEW

JRA福永祐一「悔い残る発言」で展開は見えた!? 阪急杯(G3)インディチャンプが人気馬を一掃? ◎は実質G1馬の「あの馬」

【この記事のキーワード】, ,

JRA福永祐一「悔い残る発言」で展開は見えた!? 阪急杯(G3)インディチャンプが人気馬を一掃? ◎は実質G1馬の「あの馬」の画像1

 28日、阪神競馬場で行われる阪急杯(G3)を予想する。

 今回、人気となりそうなのがインディチャンプ。『netkeiba.com』の予想オッズでも26日現在2.3倍の1番人気と多くの支持を集めている。

 19年には安田記念(G1)、マイルCS(G1)と、芝1600mのG1で春秋連覇を達成。実績は断然といえるだけに、人気となるのは当然だろう。

 しかし、関係者によると調整面での不安もあるとのことで、「この時期に500kg超で帰厩したので、思うように絞れて来ないようです。次は高松宮記念を予定しているので、今回は次回を見据えて積極的に出していくでしょう」と話していた。

 インディチャンプは、前走デビュー戦以来の1400m戦となった阪神C(G2)で、3着に惜敗。騎乗した福永祐一騎手が「1400mなので、ある程度ポジションを取りにいった方が良かったのかも……」とコメントしたように、やはり今回は出していく公算が高い。

 そうなれば、前には厳しい展開になるのでは……。そんな、妄想を掻き立てられるのだ。

 今回出走するメンバーの内、G1馬は3頭。レシステンシアは前に行って持ち味を発揮する馬で、ダノンファンタジーも前走の阪神C(G2)では先行している。

 どれも不安があるなら、ここは敢えて「ムラ馬」で勝負したい。

JRA福永祐一「悔い残る発言」で展開は見えた!? 阪急杯(G3)インディチャンプが人気馬を一掃? ◎は実質G1馬の「あの馬」の画像2

「◎」は、7番クリノガウディーだ。

 関係者によると「相変わらず稽古は動いているし、状態に関してはずっといいですよ」とのことで、状態は引き続き良好。「前走は積極的に行ったのが裏目に出たのか、最後は走りがバラバラだった。やめている感じもあるし、メンタル面なのかな」と続けたが、この凡走こそが人気の盲点となる決め手だともいえる。

 前走のシルクロードS(G3)は、シヴァージが中団から決め手を活かして快勝。最後は横一線のゴールとなり、差し、追い込みも決まる流れだった。

 1番人気に推されたモズスーパーフレアが逃げて17着と敗れたように、先行馬には厳しい流れ。このレースで2番手を追走したクリノガウディーにも当然厳しかったはずで、これで「弱い」と決めつけるのは早計だ。

 昨年の高松宮記念(G1)で1着入線しながらも4着に降着となったクリノガウディーだが、この時に繰り上がって優勝したのがモズスーパーフレア。同じような適性を持っているとも考えられ、好走と惨敗が表裏一体となっていることこそがクリノガウディーそのものなのかもしれない。

 その際の高松宮記念は2着がアーモンドアイをも破ったことがあるグランアレグリア。能力は確かで、展開さえ嵌れば凄まじい能力を発揮するのだ。

 馬場を含め、展開などの不確定要素はもちろんある。ただ、それが人気の盲点となっている理由であるならば「買い」といえるのではないだろうか。

 今回は2走前の阪神Cと同じ舞台で、その時と同じく差しに徹すると予想。阪神Cではダノンファンタジーの5着と敗れたが、展開が変われば逆転の目もあると見た。

JRA福永祐一「悔い残る発言」で展開は見えた!? 阪急杯(G3)インディチャンプが人気馬を一掃? ◎は実質G1馬の「あの馬」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  3. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  4. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  5. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  6. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  9. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  10. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗