NEW

JRA中山記念(G2)松山弘平ヒシイグアス「消し」で横山典弘は歓喜!? バビットにも不安点……「現場激アツ情報」が波乱を射止める!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA中山記念(G2)松山弘平ヒシイグアス「消し」で横山典弘は歓喜!? バビットにも不安点……「現場激アツ情報」が波乱を射止める!の画像1

 28日、中山競馬場で中山記念(G2)が開催される。例年は春のG1戦線を占う豪華メンバーが集っているが、今年は近年最低レベル。抜けた馬がいないため波乱の余地も十分にありそうだ。

 とはいえ、過去10年の3連単平均配当が5万6652円である通り、大波乱までは望めない。配当は狙っていくが、ある程度現実的な視野も必要になってくるだろう。「強力現場情報」をもとに京都記念をハナビ杉崎が攻略する。

 小回りな中山の開幕週であり、週末の天候的にも良馬場が予想される。馬場コンディションが良好なことで内枠、そして前が有利であり、高速決着もイメージしておきたいところだ。

 それらを踏まえ「◎」はトーセンスーリヤ(牡6歳、美浦・小野次郎厩舎)だ。

 昨夏の札幌記念(G2)以来のレースだが、実は昨年11月の福島記念(G3)を使う予定だったそうだ。しかし、爪に不安が出てしまい、大事を取って回避。中山金杯(G3)もスルーして、ここに照準を合わせてきた。

 それだけに乗り込みの量は十分。美浦坂路の最終追い切りで52.5秒、ラスト11.9秒をマークし調教師も「心臓もいいし、状態は申し分ない」と太鼓判を押している。

「先週あたりから動きが良くなってきましたし、心肺機能も高まっています。久々のレース勘がどうかですが、ここ2戦は強敵相手に接戦したように力をつけていますからね。得意の舞台ですし、楽しみはありますよ」(関係者)

 ここ2走は掲示板(5着以内)にさえ載れていないが、宝塚記念(G1)7着、札幌記念(G2)6着なら悲観する必要はまったくない。前に行ける脚があるだけに1枠1番は絶好。2連敗と休み明けで人気が落ちる、今回が買い時だ。最近の横山和生騎手は一皮むけた感がある。迷わず本命にする。

 次に「〇」はウインイクシード(牡7歳、美浦・鈴木伸尋厩舎)だ。

 勝ち切れない分「〇」としたが、中山金杯(G3)で2着、3着と好走している通り、この辺りの条件がベスト。特に前から粘った前走の中山金杯3着は、このメンバーなら十分に評価に値する。

 陣営も「1週前は少し重い感じだったが、直前の3頭併せで合格点に仕上がったと思う。今年のメンバーならそう差はありませんよ」と強気。「インのポケットに収まって、直線は気を抜かないように競る形が理想」と話していたが、バビットという計算できる逃げ馬がいるのは、この馬にとってプラスだ。

 8枠からの発走となってしまったが、前に行く脚質に加え、前走も8枠で馬券になっているので問題ない。横山武史騎手が兄弟ワンツーを決め、父・横山典弘騎手を歓喜させる絵が今から浮かぶ。

JRA中山記念(G2)松山弘平ヒシイグアス「消し」で横山典弘は歓喜!? バビットにも不安点……「現場激アツ情報」が波乱を射止める!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!