NEW

JRAマイネル軍団を制する者は「馬券」を制す!? 好配当の使者は「過小評価」メインレース「ベタ買い」で驚愕のデータ!

 27日、3場の競馬場で行われたメインレースは、全て「マイネル軍団」が制圧した。

 中山競馬場では、2011年に岡田繁幸総帥率いる「マイネル&コスモ軍団」の傘下となった株式会社ウインのウインカーネリアンが優勝。阪神競馬場、小倉競馬場ではサラブレッドクラブ・ラフィアンのマイネルユキツバキとマイネルアルケミーが勝利を飾っている。

 中山競馬場で行われた幕張S(3勝クラス)と、阪神競馬場で行われた仁川S(L)は3番人気での勝利。小倉競馬場で行われた帆柱山特別(2勝クラス)は4番人気での勝利となったが、2着もビッグレッドファームのコスモカルナックだった。

「マイネル軍団」といえば岡田繁幸氏が率いるグループの総称として使われることが多く、岡田氏自身が設立したサラブレッドクラブ・ラフィアン(冠名マイネル)、ビッグレッドファーム(冠名コスモ)、ウイン(冠名ウイン)などがこれにあたる。

 メインレースでの勝利となると、近年は社台グループ(社台レースホース、サンデーレーシング、シルクレーシング、キャロットファームなど)を目にすることが多いが、それもそのはず。高額で売り買いする社台ファームとは方向性が異なり、どちらかといえばリーズナブルな価格帯での売り買いが多いからだ。

 勝ち馬の3頭は全て一口馬主クラブの所有馬だが、ウインカーネリアンは総額2600万円、マイネルユキツバキは総額2200万円、マイネルアルケミーに至っては総額1500万円と、社台グループの一口馬主クラブと比較すれば価格設定は低いといえるだろう。

 G1シーズンは毎週のように社台グループのノーザンファーム生産馬が重賞を勝利し、「安い=弱い」というイメージを持っているファンも少なくないはずだ。

 そんなイメージからか人気にもなりづらく、まさに今回の結果も「過小評価」が好配当をもたらしたともいえるだろう。

 しかし、そのイメージもあり馬券的にはファンに大きく貢献。基本的にメインレースとなる「11R」では、高回収率を誇っている。

■11Rでのラフィアン、ビッグレッド、ウイン 昨年成績
(成績、勝率、連対率、複勝率)
【6-8-6-118/138】4.3% 10.1% 14.5%

 馬券内率自体は決して高くないが、回収率では単勝「146%」、複勝「103%」とどちらも100%を超えており、昨年は「11R」という理由だけで「ベタ買い」してもプラス回収となっているのだ。

 さらに美浦所属馬に限定すると、以下の成績となる。

■11Rでのラフィアン、ビッグレッド、ウイン 美浦所属馬・昨年成績
(成績、勝率、連対率、複勝率)
【5-6-5-89/105】4.8% 10.5% 15.2%

JRAマイネル軍団を制する者は「馬券」を制す!? 好配当の使者は「過小評価」メインレース「ベタ買い」で驚愕のデータ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  2. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  3. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  4. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  7. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」
  8. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち