NEW

JRA【オーシャンS(G3)展望】スプリント界に“新星”誕生なるか!? 父ロードカナロア×母カレンチャン「安田隆行厩舎の結晶」カレンモエに期待

JRA【オーシャンS(G3)展望】スプリント界に新星誕生なるか!? 父ロードカナロア×母カレンチャン「安田隆行厩舎の結晶」カレンモエに期待の画像1

 3月6日、中山競馬場ではオーシャンS(G3)が開催される。

 2019年の覇者モズスーパーフレアと20年覇者ダノンスマッシュは、その後G1ホースの仲間入りを果たした。今年もここをステップに飛躍を遂げる馬は誕生するだろうか。

 スター候補にふさわしい1頭がカレンモエ(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎)だろう。父がロードカナロア、母はカレンチャンという安田隆厩舎のまさに結晶と言える存在だ。

 前走の京阪杯(G3)は重賞初挑戦にもかかわらず、1番人気に支持されたが、フィアーノロマーノに差され惜しい2着に終わった。しかし、先行馬が総崩れするなか、2番手追走からの粘りは高く評価できる。

 今回も上位人気は間違いなさそうだが、もちろん不安もある。メンバーレベルは明らかに前走以上で、本馬にとって関東圏への輸送は初めて。しかし、父と母はスプリンターズS(G1)を合わせて3勝しており、中山1200mへの適性という点を見ても不安より期待の方が大きい。

 1着馬には高松宮記念(G1)への優先出走権を与えられるが、重賞未勝利のカレンモエが狙うのは優勝だけだろう。

 鞍上には9戦中4戦で手綱を取っている北村友一騎手を予定している。ただし、同騎手はクロノジェネシスに騎乗するためドバイ行きが決まっており、ここを勝っても高松宮記念では乗り替わることになる。まずは、重賞初制覇に全力投球ということになるだろう。

JRA【オーシャンS(G3)展望】スプリント界に新星誕生なるか!? 父ロードカナロア×母カレンチャン「安田隆行厩舎の結晶」カレンモエに期待の画像2

 カレンモエと同じ5歳牝馬のアウィルアウェイ(牝5歳、栗東・高野友和厩舎)。実績的にはこちらが断然上だ。

 2歳時から短距離重賞戦線で活躍してきたが、昨年1月のシルクロードS(G3)で重賞初制覇を飾ると、昨秋のスプリンターズSでは最後方から3着に好走。脚質的に展開次第の面はあるが、ハイペースになれば上位争いは必至だろう。

 前走のマイルCS(G1)は12着に敗れたが、より適性の高い1200mに距離を戻して重賞2勝目を狙う。

JRA【オーシャンS(G3)展望】スプリント界に“新星”誕生なるか!? 父ロードカナロア×母カレンチャン「安田隆行厩舎の結晶」カレンモエに期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  2. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  3. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  4. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  5. 「驚くくらい活躍する」元JRA細江純子氏の予言が現実に…藤田菜七子“待望の2勝目”も霞む、女性騎手の「エース候補」が“神騎乗”連発!
  6. JRAレイパパレ川田将雅「切望」問答無用の1着固定! デアリングタクト、ソダシ、レシステンシア「まとめて消し」で万馬券狙い【ヴィクトリアマイル(G1)予想】
  7. JRA「ウマ娘」藤田晋オーナーの快進撃に急ブレーキ!? 新人オーナーに降りかかった競馬の“洗礼”…日本ダービー(G1)参戦を見据える使い分けが招いた「2つの悲劇」とは
  8. JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙う
  9. JRAヴィクトリアマイル(G1)はソダシ、デアリングタクト、レイパパレをまとめてバッサリ! 3強が持つ弱点とは
  10. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待