NEW

JRA武豊「彼のファインプレー」最大の功労者に感謝! すみれS(L)ディープモンスター圧勝も一歩間違えれば……「あの馬」との鞍上問題に決着か

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊「彼のファインプレー」最大の功労者に感謝! すみれS(L)ディープモンスター圧勝も一歩間違えれば……「あの馬」との鞍上問題に決着かの画像1

 28日、阪神競馬場で行われたすみれS(L)は、武豊騎手の1番人気ディープモンスター(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が勝利した。2着には2番人気グロリアムンディ、3着に6番人気モンテディオが入った。

 1発、また1発、武豊騎手がディープモンスターを叱咤激励する。直線でパートナーに入れられた渾身のムチは計9発。にもかかわらず、ゴール前では手応えに余裕を残しながらも、2着馬に2馬身半の差をつける圧勝。賞金を加算して春のクラシック出走を「当確」させた。

 ディープモンスターにとって絶対に負けられない戦いでもあった。リステッド競走のすみれSは、1着しか本賞金を加算できないレース。ここを敗れるようだと皐月賞(G1)など春のクラシック参戦に大きな狂いが生じてしまう。それだけにとにかく勝利がコンビにとって至上命令だった。

 8頭立ての少頭数で行われた芝2200m戦。スタートしてすぐ、ディープモンスターは外へ大きく膨らんだ。デビューから手綱を任されている武豊騎手は慌てず騒がず、後ろから2番手の位置へパートナーを誘導する。逃げたテイエムタツマキと2番手に付けたセファーラジエルが後続を引き離す展開は1000m通過60秒3の速い流れ。

 後続馬が徐々に先行勢との差を詰めて一団となる中、馬群に取りついたディープモンスターは最後の直線で外に持ち出される。エンジンが掛かると懸命に追われる他馬と脚色の差は歴然。瞬く間に先頭に躍り出ると、余裕綽々にゴール板を先頭で駆け抜けた。

 武豊騎手はレース後、「3勝目ができてホッとしました。若さをのぞかせていましたが、落鉄やゲートは大した問題ではありません。これで賞金的にクラシックは大丈夫でしょう」と、最低限のノルマをクリアできたことでひとまずは安堵したことだろう。

「これまで武豊騎手も『大物感がある』と話す程度で、これまでの走りを見る限り正直、ここまで強いとは思っていませんでした。スタートしてふくれたときはヒヤッとしましたが、スケールの違いを見せつける走りでした。

武豊騎手のお手馬にはヨーホーレイクもいますが、今回”クラシック”という言葉が出たことからも、ディープモンスターとのコンビが濃厚となりそうです」(競馬記者)

 規格外の走りを披露したディープモンスターだが、一歩間違えれば思わぬ結果に終わっていた可能性もあった。発走前に落鉄をしており、蹄鉄を打ち替えるアクシデントに見舞われていたのだ。

 レース後には、武豊騎手が「レース前の落鉄を見つけてくれたのは幸(騎手)くん。彼のファインプレーだね」とコメント。しかも、騎乗していた武豊騎手は落鉄に気付いておらず、サマーカナロアに騎乗していた幸英明騎手が知らせてくれたという。

 もし、そのまま落鉄に気付かずにスタートしていれば、能力を発揮できなかった可能性が十分に考えられる。そうなると、この圧勝劇は幻と消えていたかもしれない。

 この日、武豊騎手の同期・蛯名正義騎手が中山競馬場で引退式を予定していた。武豊騎手としても出来れば参加したかったと考えられるが、すみれSでディープモンスターの騎乗を選択した。

 それは武豊騎手の同馬へ対する期待の表れでもあり、最高の結果で応えたディープモンスターもまた見事だった。

JRA武豊「彼のファインプレー」最大の功労者に感謝! すみれS(L)ディープモンスター圧勝も一歩間違えれば……「あの馬」との鞍上問題に決着かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!