NEW

JRA「鬼の居ぬ間」に急成長!? コロナ禍「不在」の海外騎手に代わりG1レースで大暴れ! ファンの懐事情に大きく貢献したジョッキーとは

 例年、短期免許にて多くの外国人ジョッキーが来日を果たす現在の中央競馬。だが、昨年上旬から続くコロナウイルスの影響で、最近はそんな光景も見られない状況が続いている。

 2020年から2021年にかけて、大きく様変わりした日本の競馬界。今年に限っては未だ来日が叶わない状況となっているが、これは日本人ジョッキーにとって大きなチャンスともいえるだろう。

 昨年はO.マーフィー騎手とF.ミナリク騎手が年明けから参戦。これにA.シュタルケ騎手、S.フォーリー騎手も加わり、1月だけで30勝と大暴れした。

 特に、脅威だったのがマーフィー騎手。一人で20勝を挙げたが、勝率は25%と4回に1回は勝利を手にしていた。

 さらに加速するマーフィー騎手は、2月にも7勝。勝率は脅威の41.2%で、多くの人気馬に騎乗しながらも単勝回収率では193%というとてつもない数字を叩き出していたのだ。

 マーフィー騎手を筆頭に、勝ち星を量産した外国人ジョッキー。これらの騎手が来日できないとなると、当然その依頼は日本人ジョッキーへと振り分けられることとなる。

 それにより特に恩恵を受けているのが、若手ジョッキーだ。

 今年に入ってデビューから3年目の団野大成騎手が、1月17日の日経新春杯(G2)をショウリュウイクゾで優勝すると、それに続けとばかりに同期の菅原明良騎手も東京新聞杯(G3)のカラテで勝利をもぎ取っている。

 どちらの騎手も、これが重賞初勝利。その他、岩田望来騎手にしても重賞2着が3回と、とにかく若手騎手の活躍が目立っているのだ。

 昨年の騎手リーディングではトップ20位に入った若手騎手(5年目以内)が4人だったのが、今年は1日時点で昨年を上回る6人。外国人騎手の来日が未だ見られない状況を考えれば、今後さらなる活躍も期待できそうだ。

■2021年 若手騎手 現在のリーディング順位
6位 岩田望来 16勝
10位 鮫島克駿 13勝
10位 横山武史 13勝
14位 西村淳也 12勝
14位 菅原明良 12勝
19位 団野大成 11勝

 順位が大幅に上昇したのは、鮫島駿騎手(昨年31位)、菅原明良騎手(昨年38位)の2人。特に鮫島駿騎手に関しては、今年のフェブラリーS(G1)でも9番人気のエアスピネルを2着に持ってきたのは記憶に新しい。

 鮫島駿騎手は今年、回収率でも大健闘。単勝157%、複勝113%とともに100%を超えており、ファンの懐事情にも大きく貢献している。

 未だに続くコロナウイルスの脅威だが、13日からは一部競馬場などで、事前に開催競馬場の指定席券を購入したファンに限定し、入場を再開することも発表されている。

 あと少し落ち着けば、再び海外騎手の来日も見られることだろう。その時、勝ち星の量産を食い止めるのは、日本の若きジョッキー達なのかもしれない。

JRA「鬼の居ぬ間」に急成長!? コロナ禍「不在」の海外騎手に代わりG1レースで大暴れ! ファンの懐事情に大きく貢献したジョッキーとはのページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  5. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  6. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  9. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  10. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?