NEW

JRA大阪杯(G1)は「空前絶後」の超ハイレベル!? デアリングタクト不在も「あの馬」が参戦決定! アーモンドアイ抜きでも史上最高「ジャパンC超え」の理由

【この記事のキーワード】,

JRA大阪杯(G1)は「空前絶後」の超ハイレベル!? デアリングタクト不在も「あの馬」が参戦決定! アーモンドアイ抜きでも史上最高「ジャパンC超え」の理由の画像1

 伝説のG1レース再び――。

 三冠馬3頭が一堂に会した昨年のジャパンC(G1)は、空前絶後の盛り上がりを見せた一方、暮れのグランプリ・有馬記念(G1)のメンバーレベル低下が懸念されるほどの熱戦が繰り広げられたことは記憶に新しい。

「コロナ禍で海外遠征が困難になっている現在の状況も少なからず影響していると思われます。昨年のジャパンCはアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトと3頭の三冠馬が出走して史上最高のメンバーといわれましたが、3歳2頭に対し、香港C(G1)と両睨みだったアーモンドアイの参戦の背景には、現在の状況も後押ししたでしょう」(競馬記者)

 しかし、これ以上のハイレベルなレースはもう見られないのでは?と悲しんだファンにとってはまたとない朗報かもしれない。

 4月4日に阪神競馬場で行われる大阪杯(G1)だが、今年は例年以上の豪華メンバーとなりそうだ。

 昨年の春秋マイルG1、スプリンターズS(G1)を制し、G1・3勝を挙げたグランアレグリア、父のディープインパクトに続き、15年ぶりに無敗の三冠馬に輝いたコントレイルが出走を予定。さらに同馬に次ぐ4歳牡馬NO.2の呼び声も高いサリオスも参戦を表明するなど、例年以上に豪華な顔ぶれとなった。

 そんな中、また新たに参戦を表明した馬が、5戦5勝と未だ無敗のレイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)だ。

 同馬を所有するキャロットクラブは、「目標についても時間をかけて検討してきましたが、大阪杯を目指して近々帰厩させようということになりました」と公式ホームページにて発表した。

 レイパパレといえば、その評価を上げることとなったのが4戦目の大原S(3勝クラス)。主戦の川田将雅騎手が古馬を相手にムチを一切使わなかったレース内容も然ることながら、走破時計の1:46.3はデアリングタクトが勝利した秋華賞の1800m通過1:48.5より2.2秒も速かった。

 レイパパレが秋華賞を除外になってこのレースに回った経緯もあり、ネット上の競馬ファンからもSNSや掲示板を通して「幻の秋華賞馬」と評する声も出たほどだった。同日同競馬場で自ら逃げて刻んだタイムだけに、レイパパレの強さがより際立っていたというわけである。

 そして、レイパパレの参戦により、今年の大阪杯が超ハイレベルといわれた昨年のジャパンC以上のメンバーで争われるのではないかという見方もある。

JRA大阪杯(G1)は「空前絶後」の超ハイレベル!? デアリングタクト不在も「あの馬」が参戦決定! アーモンドアイ抜きでも史上最高「ジャパンC超え」の理由の画像2

 アーモンドアイが引退したとはいえ、昨年の安田記念(G1)でアーモンドアイに2馬身半の差をつけて完勝したグランアレグリア、昨年のジャパンCで2着のコントレイル。金鯱賞(G2)で始動するデアリングタクトの参戦はほぼないが、幻の秋華賞馬ともいわれるレイパパレが出走するなら、ジャパンCに匹敵するといっても過言ではないだろう。

 さらには、サリオス、アドマイヤビルゴも参戦表明しており、同じ友道康夫厩舎からは2018年の日本ダービー馬・ワグネリアンもこのレースが視野に入っている。

 中山記念(G2)で4連勝を飾ったヒシイグアスも、大阪杯の優先出走権を獲得しただけに出走の可能性は十分だろう。JRA史上最高のメンバーともなりえる大阪杯。今から、その発走が待ち遠しい限りだ。

JRA大阪杯(G1)は「空前絶後」の超ハイレベル!? デアリングタクト不在も「あの馬」が参戦決定! アーモンドアイ抜きでも史上最高「ジャパンC超え」の理由のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち