NEW

パチスロ「貯金方式を世に知らしめた2大巨頭」~3号機名機伝説『ワイルドキャッツ』&『セブンボンバー』前編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.39】

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ「貯金方式を世に知らしめた2大巨頭」~3号機名機伝説『ワイルドキャッツ』&『セブンボンバー』前編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.39】の画像1 

 1990年秋にホールデビューするや、常軌を逸した怒濤のごときビッグの連チャンでファンの度肝を抜き、そして業界の各方面に多大なる衝撃を与えた『コンチネンタル』。

 が、前回も書いたとおり、翌年の春頃に「4枚入れセット」なる超簡単しかし破壊力絶大な攻略法が発覚。その対策としてコインセレクタを交換したことによって、最大の武器である連チャン性をも失ってしまう。

「連チャンしてこそのコンチ。連チャンしなくなったコンチはもう、ただの黒い箱」

 人々はそんな風に落胆し、あるいは嘲笑し、熱気に溢れていたシマには閑古鳥の寂しい鳴き声だけがこだました。

 ところが、である。まるでこの時を待ってましたとばかりに、連チャンしなくなった『コンチ』に代わって市場を席巻しようと企む新勢力が登場する。

パチスロ「貯金方式を世に知らしめた2大巨頭」~3号機名機伝説『ワイルドキャッツ』&『セブンボンバー』前編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.39】の画像2

パチスロ「貯金方式を世に知らしめた2大巨頭」~3号機名機伝説『ワイルドキャッツ』&『セブンボンバー』前編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.39】の画像3

 

 あの『アニマル』を輩出したアークテクニコの3-1号機『ワイルドキャッツ』と、提携関係にあったバルテックの3-1号機『セブンボンバー』だ。

 前者は、機種名にちなんで「猫」をモチーフにし、下パネルには空き缶に入った子猫、そしてREG絵柄にはコミカルな黒猫の意匠を採用するなど、全体的にカワイイ系な出で立ち。

 対照的に後者は、昔のヘヴィメタルバンドのアルバムジャケットを想起させる(少なくとも自分は当時、そう感じた)鋭角的なデザインのロゴに稲妻が描かれていて、機種名ともどもハードコアなイメージだ。

 まぁ、そんな感じで、パッと見は両者、まったく別物のようにも思えるのだが、実のところ基本仕様を共通とするメーカー違いの兄弟機。

 役構成や払い出し、絵柄配列、さらにはリール制御やリーチ目なども、すべて同じなのである。

 さて、ひとあし先にホールに登場した『キャッツ』は、先述のとおり脱法式連チャン機『アニマル』で世間を騒がせたアークテクニコのマシンということで、導入前から期待と注目を集めていたのだが、結果は「ほら、やっぱりね」だった。

 一方、少し遅れて登場した『ボンバー』の方は、2号機時代には特に目立った動きのなかったメーカーだけに、下馬評はさほどでもなかったが、ホールで見せた挙動は『キャッツ』と同等…いや、『キャッツ』よりも激しかったのである。

 これら2機種は、いずれも元気がよかった頃の『コンチ』と同様、ビッグオンリーの激しい連チャンが特徴だったが、挙動にはちょっとした「特徴」があった。

 ざっくり言うと、「ハマった分、連チャンする」のである。大連チャンの前には必ずといっていいほど深いハマリがあり、そしてその傾向は『ボンバー』の方が顕著であった。

パチスロ「貯金方式を世に知らしめた2大巨頭」~3号機名機伝説『ワイルドキャッツ』&『セブンボンバー』前編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.39】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合