NEW

JRAメイケイエール「武豊の法則」で桜花賞は苦戦必至!? チューリップ賞(G2)勝っても負けても本番は……レジェンドの「苦い記憶」とは

【この記事のキーワード】, ,

JRAメイケイエール「武豊の法則」で桜花賞は苦戦必至!? チューリップ賞(G2)勝っても負けても本番は……レジェンドの「苦い記憶」とはの画像1

 6日、阪神競馬場ではチューリップ賞(G2)が行われる。例年、阪神JF(G1)を好走した馬が人気を集めるレース。本番と同じ阪神・芝1600mでもあり、これまで多くの桜花賞馬を輩出している重要なトライアルだ。

 2018年にG2に格上げされて以降、不思議と桜花賞馬は出ていないが、別路線組が強力過ぎた背景もある。近年の桜花賞馬は昨年がデアリングタクト、一昨年はグランアレグリア、3年前はアーモンドアイだっただけに度外視可能だろう。

 今年の主役はメイケイエール(牝3、栗東・武英智厩舎)で間違いない。

 阪神JFで4着に敗れたものの、先着を許した阪神JFの勝ち馬ソダシはトライアルを挟まずに桜花賞への直行を選択。2着馬、3着馬の出走はなく相手関係はかなり楽な印象である。

 だが、陣営も高いポテンシャルを認めるメイケイエールにとって、最重要となる課題は折り合いだ。芝1200mでも引っ掛かる前進気勢の強さに、コンビを組む武豊騎手も手を焼かされている。

 前走の阪神JFはフルゲートの8枠18番の大外からスタートしたメイケイエール。馬群に近づいてスイッチが入ることを警戒したのか、武豊騎手は内へ進路を取らずに離れた外からの追走を選んだ。道中でもメイケイエールは終始、首を前後させたように折り合いを欠く状態。4コーナーを過ぎて最後の直線に入っても大外を通らざるを得なかった。

 しかし、これだけ掛かり通しだったにもかかわらず、末脚の切れは目を見張るものだった。残り50mで力尽きたが、一時は突き抜けるかのような勢いを見せた豪脚は、見る者に「負けてなお強し」と思わせるだけの強烈なインパクトを残している。

 スタートから折り合いを欠いた状態で外を回った不利を考慮すると、後れを取った0.2秒差は悲観する内容でもない。それだけに、本番前の同舞台で気性面の改善に一定のメドを立てておくことは、メイケイエールにとって距離克服の最重要課題となる。

JRAメイケイエール「武豊の法則」で桜花賞は苦戦必至!? チューリップ賞(G2)勝っても負けても本番は……レジェンドの「苦い記憶」とはの画像2

 その一方で、武豊騎手がコンビを組んだ馬で、距離に課題のあったパートナーが桜花賞で凡走した過去の事例も見逃せない。

 2007年にコンビを組んだアストンマーチャンは、小倉2歳S(G3)、ファンタジーS(G3)を連勝して臨んだ阪神JFで2着。翌年のフィリーズレビュー(G2)を圧勝し、桜花賞では2番人気に支持されたが7着に敗れた。

 同世代にダイワスカーレット、ウオッカという最強クラスの牝馬がいたことも不運だが、アストンマーチャンはこの敗戦を機に短距離に路線変更。待望のG1制覇を遂げたのは同年秋のスプリンターズS(G1)でのこと。

JRAメイケイエール「武豊の法則」で桜花賞は苦戦必至!? チューリップ賞(G2)勝っても負けても本番は……レジェンドの「苦い記憶」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  6. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?