NEW

JRA和田竜二「豹変ぶり」にC.ルメールが反応!? まさかのTwitter”乗っ取られ疑惑”もジョッキー界に新たなブーム?

【この記事のキーワード】, ,

JRA和田竜二「豹変ぶり」C.ルメールが反応!? まさかのTwitter乗っ取られ疑惑もジョッキー界に新たなブーム?の画像1

 競馬界にとって1年の始まりとなる3月1日。充実のシーズンを目指し、ホースマンたちが気持ちを新たにする中、この男が”動いた”。今年26年目のシーズンを迎える和田竜二騎手だ。

「過ぎ去りし季節の変わり目、感傷に浸りながら新しい風を待つ…いろんな感情が交わる日々を超え、また新しいステージへ…I’m looking forward to it!(楽しみ!)」

 前日の2月28日に自身のTwitterで、そう心境を語った和田騎手。昨年は2年ぶりに重賞制覇を成し遂げると、勢いのまま2000年以来となる重賞4勝……今年はG1制覇を始め、さらなる飛躍を誓った決意表明に思われたが、翌日からのツイートが様々な注目を集めたようだ。

「翌日からいきなりツイートが全文英語になって、連日の投稿……。最初に考えたのは、近頃なにかと問題視されているアカウントの乗っ取り被害ですね。まあ、最初の投稿で(英語で)『毎日英語で日記を書くことにしました』と書かれていたので、すぐに大丈夫と思いましたが、いきなりだったのでびっくりしました(笑)」(競馬記者)

 和田騎手が突然”外国人化”したのは、どうやら『netkeiba.com』で自身が主演する『わだラジ』で決まったようだ。進行役のキャプテン渡辺から「何か趣味を持てば」と振られた結果、和田騎手が選んだのが英会話だった。

 しかし、英語初心者とはいえ、ただでは転ばないのが、競馬界きってのエンターテイナー和田騎手である。

JRA和田竜二「豹変ぶり」C.ルメールが反応!? まさかのTwitter乗っ取られ疑惑もジョッキー界に新たなブーム?の画像2

 3日のツイートでは「Hallo! I’m Ryuji Wada I’m a Japanese young? Jockey. I’m 43.(こんにちは! 私は和田竜二、日本の43歳の若手騎手?です」とジョークを交えて自己紹介。これに反応したのが、なんとC.ルメール騎手だった。

 ルメール騎手は「Hello young jockey !」と和田騎手のギャグに乗ると「Keep learning English and we will have nice conversation together !(英語を学び続ければ、一緒に素敵な会話ができます!)Good luck」とエール。同僚の挑戦を歓迎しているようだ。

「偶然かもしれませんが、先月サウジアラビアのサウジダービーを戸崎圭太騎手が勝った際、現地の関係者に英語でインタビューされて『センキューベリーマッチ』『ベリーグッド』『ベリーハッピー』と答えるのが精一杯という一幕がありました。昔は福永祐一騎手もドバイで勝って『サンキュー、ソーリー』とインタビュアーから逃げ出したエピソードもありますからね。

近年、日本人騎手が海外のレースを勝つことは珍しくなくなりましたし、今後も英語が必要になるシーンは増えていくと思います。和田騎手のツイートには高田潤騎手も反応していましたし、これから日本人騎手が世界で戦う上では騎乗技術だけでなく、英語力も問われる時代が来るかもしれません」(同)

 また、すでに英語をマスターしているジョッキーも当然いる。有名なのは、やはり松岡正海騎手だろう。一昨年、ウインブライトで香港のクイーンエリザベス2世C(G1)を勝った際は、堂々たる英語による勝利騎手インタビューで日本のファンを沸かせた。

 また、戸崎騎手ともに先月のサウジ遠征に参加した藤田菜七子騎手も、現地の英語のインタビューにしっかりと答えている姿が印象的だった。

 一方、海外競馬のパイオニア的な存在である武豊騎手は、実は決して英語がペラペラというわけではなく、日本語で切り返すこともしばしば……。和田騎手の英会話挑戦は、ジョッキー界に思わぬブームを起こすかもしれない。

JRA和田竜二「豹変ぶり」にC.ルメールが反応!? まさかのTwitter”乗っ取られ疑惑”もジョッキー界に新たなブーム?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!