NEW

JRA弥生賞(G2)ダノンザキッドは無視!? 権利取りを狙う格下馬「激走の法則」を公開!

JRA弥生賞(G2)ダノンザキッドは無視!? 権利取りを狙う格下馬「激走の法則」を公開!の画像1

 今週は桜花賞トライアルのチューリップ賞(G2)、皐月賞トライアルの弥生賞(G2)と重要なレースが行われる。このトライアルレースは3着以内に入れば本番(桜花賞・皐月賞)の優先出走権を獲得できる。つまりこれまで重賞2着以内やオープンで勝てず、賞金が不足していても、ここで3着以内に好走すればG1レースに出走できるのだから、非常に大きな意味を持つレースだ。

 仮に本番で勝てなくても、陣営にとってクラシックへ出走することは非常に価値があるもので、結果としてレースの勝ち負けは度外視し、3着以内で権利を狙うという思惑も少なくない。

 過去にも賞金不足の馬がトライアルレースで好走し、格下ながら桜花賞や皐月賞に駒を進めた馬が数多くいる。

 まずチューリップ賞から検証する。過去10年で、レース前には桜花賞に出走するための賞金が足りなかったものの、このレースで3着以内に好走し桜花賞の出走権を獲得した馬が下記の12頭だ。

2019年
シゲルピンクダイヤ
ノーブルスコア

2018年
マウレア

2017年
ミスパンテール

2016
ラベンダーヴァレイ

2015年
アンドリエッテ

2014年
ヌーヴォレコルト
リラヴァティ

2013年
ウインプリメーラ

2012年
ハナズゴール

2011年
ライステラス
メデタシ

 例えば昨年の桜花賞の場合、トライアルレースの権利無しで出走できた最低本賞金額は1100万円。2勝クラスを勝ち上がった、後のオークス3着馬ウインマイティーは900万円で桜花賞に出走できなかった。それを基準にすれば、桜花賞に出走するには最低でも1100万円の獲得賞金が必要で、これは新馬か未勝利を勝利し重賞で2着に入った金額と同程度だ。

 今年のチューリップ賞出走馬の収得賞金はメイケイエールが3600万円で、残りはすべて400万円。つまりここで3着以内に入るか、他のトライアルレースで上位に入線するか、別の重賞レースで2着以内に入らなければ、桜花賞の出走はかなり厳しくなる。今年のチューリップ賞は出走頭数的にどの馬にもチャンスがあり、陣営もより力が入るのは間違いない。

 そして弥生賞も、下記のように過去10年で何頭も賞金不足馬が3着以内に好走し、皐月賞の出走権を獲得している。

2020年
サトノフラッグ

2019年
メイショウテンゲン
シュヴァルツリーゼ

2017年
マイスタイル

2014年
アデイインザライフ

2013年
カミノタサハラ
ミヤジタイガ

2012年
コスモオオゾラ

2011年
プレイ

 そこで過去の傾向から、今年3着以内の出走権獲得が見込める格下馬を探してみた。ぜひ馬券の参考にしていただきたい。

JRA弥生賞(G2)ダノンザキッドは無視!? 権利取りを狙う格下馬「激走の法則」を公開!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!