NEW

JRA弥生賞(G2)ダノンザキッドは無視!? 権利取りを狙う格下馬「激走の法則」を公開!

■チューリップ賞の傾向

・条件、結果にかかわらず前走は5着以内
・条件、結果にかかわらず前走は5番人気以内
・関西馬
・関西所属騎手
・乗り替わりかデビューから同じ騎手が継続で騎乗
・馬体重は450㎏以内
・芝1400m以上で勝利している
・初勝利はデビューから2戦以内
 以上の傾向から注目される権利取り狙いの注目馬は以下の1頭。

~チューリップ賞の狙い~
★ストゥーティ
 同馬の母リラヴァティは2014年のチューリップ賞で6番人気3着。今回の鞍上は当時騎乗した松山弘平騎手とまさに運命の一頭。上記条件にもすべて合致しており、ここは絶好の狙いどころだ。


■弥生賞の傾向
・条件、結果にかかわらず前走は5着以内
・2勝もしくはオープン特別・重賞で5着以内
・馬体重は450㎏以上
・芝1800m以上で勝利している
・初勝利はデビューから3戦以内
・上がり1~2位の脚を使ったことがある
・関東馬は中山芝2000mの経験、関西馬は阪神コースの経験がある
・デビュー戦は6着以内
・前走重賞・オープン特別以外は2着以内


 すでに賞金的に皐月賞の出走を確実にしているダノンザキッドを除き、以上の傾向から注目される権利取り狙いの注目馬は以下の3頭。


~弥生賞の狙い~
★タイトルホルダー
★タイムトゥヘヴン

 この2頭は重賞2着の実績があり、賞金的に皐月賞の出走はギリギリ。出走を確実にするためにも、3着以内は重要。当然上記条件にもすべて合致しており、ここは馬券から外せない。

★テンバガー
 現時点では賞金的に皐月賞の出走は難しく、ここで3着以内が皐月賞出走の条件。賞金不足の関西馬が3着以内に好走するには、重賞で5着以内の実績が必要だがそれもクリア。上記条件にもすべて合致しており楽しみな1頭。

 ダノンザキッドが絶対的な中心馬なので同馬からこの3頭に流すのが基本的な買い方。だが、ダノンザキッドが敗退すれば配当はかなりのもの。思い切って同馬を無視してこの3頭で勝負するのも悪くない。

JRA弥生賞(G2)ダノンザキッドは無視!? 権利取りを狙う格下馬「激走の法則」を公開!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合