NEW

JRA三強対決の裏で仁義なき「鞍上争奪戦」が発生!? 毎日杯(G3)シャフリヤール陣営には大誤算…… グレートマジシャン、ルペルカーリアとクラシック三国志

【この記事のキーワード】, ,

JRA三強対決の裏で仁義なき「鞍上争奪戦」が発生!? 毎日杯(G3)シャフリヤール陣営には大誤算…… グレートマジシャン、ルペルカーリアとクラシック三国志の画像1

 最後の皐月賞トライアル・スプリングS(G2)の1週間後、27日に阪神競馬場で行われる毎日杯(G3)は、クラシック最終便ともいわれている。

 皐月賞目前といえる時期に開催されるため、世代トップクラスの馬が参戦するイメージは薄いものの、このレースを制してスターダムへと駆け上がった馬は非常に多い。

 過去の優勝馬には国民的アイドルホースといわれたオグリキャップを筆頭に、テイエムオペラオー、クロフネ、キングカメハメハなどの歴史に残るクラスの馬たちが名を連ねる。近年でもキズナ、アルアイン、ブラストワンピースがクラシックを賑わせたように、G1級の素質馬が出走することでも知られている。

 そんな名馬の登竜門的ともいえる毎日杯だが、今年も楽しみなメンバーが集まりそうだ。

 C.ルメール騎手とのコンビでセントポーリア賞(1勝クラス)を圧勝したグレートマジシャン、未勝利戦を快勝した父モーリス×母シーザリオの超良血馬ルペルカーリアが出走を表明。2頭の対決は大きな注目を集めていたが、さらに共同通信杯(G3)を3着に敗れたシャフリヤールの参戦が濃厚となった。

 いずれ劣らぬ期待馬が激突することになり、この戦いを制した馬が皐月賞(G1)、日本ダービー(G1)に出て来るようなら台風の目となるかもしれない。

 有力視される3頭には毎日杯を無事制したとしても、さらなる問題が待ち受けていることも見逃せない。

JRA三強対決の裏で仁義なき「鞍上争奪戦」が発生!? 毎日杯(G3)シャフリヤール陣営には大誤算…… グレートマジシャン、ルペルカーリアとクラシック三国志の画像2

 グレートマジシャンとコンビを組むルメール騎手には、昨年のホープフルS(G1)で2着のオーソクレース、京成杯(G3)を快勝したレシステンシアの半弟グラティアス、今週末の弥生賞(G2)に出走するシュネルマイスターといったお手馬が存在する。

 福永祐一騎手は今回、ルペルカーリアに騎乗するとはいえ、アルアインの全弟シャフリヤールは今年のクラシックパートナーとして期待の大きかった馬でもある。シャフリヤールの鞍上は未定だが、毎日杯の結果次第では今後のコンビ続行も流動的だといえる。

「グレートマジシャンは毎日杯からダービーを視野に入れていることもあり、鞍上問題に発展するにしても皐月賞の結果が出た後のタイミングとなるでしょう。仮にどの馬と皐月賞に挑んだとしても、毎日杯の内容によっては、ルメール騎手のダービーでグレートマジシャンとコンビ結成もあるかもしれません。

対する福永騎手は期待の高かったシャフリヤールが共同通信杯でまさかの3着に終わり、賞金を加算できなかったことが痛恨でした。陣営としてもここで賞金を加算しておかなければクラシック出走に支障が出るため、背に腹は代えられぬ事情があっての参戦が濃厚です」(競馬記者)

 現段階で皐月賞にルメール騎手とのコンビが発表されていないことからも、それぞれの陣営とルメール騎手の思惑がまだ一致していない可能性も高い。

 そして、福永騎手にしても先約のあったルペルカーリアを優先したため、シャフリヤールとは一時的なコンビ解消と見るべきだろう。

 3強と見られている陣営が、それぞれ水面下で鞍上争奪戦を繰り広げている今年の毎日杯。ハイレベルな戦いが予想される一戦は、春のクラシックを占う注目のレースとなりそうだ。

JRA三強対決の裏で仁義なき「鞍上争奪戦」が発生!? 毎日杯(G3)シャフリヤール陣営には大誤算…… グレートマジシャン、ルペルカーリアとクラシック三国志のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々