NEW

JRAゴールドシップ厩務員「ウマ娘」に夢中!?「ゴルシで皐月賞勝ったぞ」リアルとゲームの両方で皐月賞(G1)制覇

【この記事のキーワード】,

JRAゴールドシップ厩務員「ウマ娘」に夢中!?「ゴルシで皐月賞勝ったぞ」リアルとゲームの両方で皐月賞(G1)制覇の画像1

 先月24日にCygamesから「ウマ娘 プリティダービー」がリリースされた。

 同ゲームは実在した競走馬を擬人化したキャラクター「ウマ娘」を育成し、目標として掲げられているレース「トゥインクル・シリーズ」での勝利を目指す育成ゲームである。スペシャルウィーク、サイレンススズカ、トウカイテイオー、メジロマックイーン、オグリキャップなど往年のG1馬をはじめとした実在する競走馬たちを題材にしており、作中でも現実とフィクションが交差する作りとなっている。

 例えば同作でのメインキャラクターとして扱われているスペシャルウィークの育成について見てみると、目標レースは以下のようになっている。「きさらぎ賞で5着以内」→「日本ダービーで5着以内」→「菊花賞で3着以内」→「天皇賞(春)で3着以内」→「ジャパンCで2着以内」→「有馬記念で1着」。これと同馬の実際の成績を比較してみよう。

<スペシャルウィーク競走成績(きさらぎ賞以外GⅠのみ)>
・きさらぎ賞 1着
・日本ダービー 1着
・菊花賞 2着
・ジャパンC 3着
・天皇賞(春) 1着
・宝塚記念 2着
・天皇賞(秋) 1着
・ジャパンC 1着
・有馬記念 2着

 両者を見比べるとわかるように作中の育成目標は実際の競走馬の成績をもとに立てられているのだ。スペシャルウィークが成し遂げることのできなかった有馬記念勝利という目標に向けて「ウマ娘」を育成するという、ゲームファンだけでなく、競馬ファンからしても熱中できる内容となっている。

 そしてこのゲームに熱中しているのは競馬ファンやゲーマーだけではない。ゴールドシップの元担当厩務員として知られ、現在は桜花賞での出走を表明しているソダシの担当厩務員の今浪隆利氏のツイッターがリリース2日後 に更新された。

 そこには「今ウマ娘やってます むずかしい」と投稿されており、その数分後には「本物のゴルシよりむずかしい」とのツイートが投稿され、これには3万3千「いいね」がつくほどの盛り上がりを見せた。

 作中でも、実際のゴールドシップの気性の荒さが色濃く反映されている。

 例えば「こんな時は(トーセン)ジョーダンのやつにキメてえなぁ…挨拶代わりのラリアット…」という言葉でトレーナーを驚かせたり、1着でゴールした時にする両手をひょいと上げるポーズが、現役時に調教時に言うことを聞かずに後ろ足だけで立ち上がるポーズと酷似していたり、と暴れ馬具合は健在だ。

 極めつけに「1着のポーズ」をした後、トレーナーにドロップキックをかますなど、実際のゴールドシップの気分屋な面を知るファンは思わずニヤリとしてしまうだろう。かつて横山典弘騎手が「賢い馬です。試されている感じはしますね」と語っていたが、今浪厩務員をはじめとした多くのユーザーが今度はゲーム内で「試される」ことになり、ネット上では大変な盛り上がりを見せている。

 そしてこれらのツイートを見て、ゲームからゴールドシップを知ったプレイヤーたちも実際の数々のエピソードを知り、面白がるツイートが続々と投稿された。

 そんな遊び心溢れる演出だらけの「ウマ娘」となったゴールドシップ、長距離かつ追込という同ゲームの中でも高い難易度だと噂されている中、「本物のゴルシよりむずかしい」と嘆いていた約2時間後に今浪厩務員のツイートが再度投稿された。

 そこには「ゴルシで皐月賞勝ったぞ」の文字が。リリースから2日後、世界で初めて現実とゲームの両方で皐月賞に勝利したプレイヤーが現れることとなった。

 多くのG1レースが開催され、毎週目が離せない春がもうそこまできている。競馬ファンの皆さんもレース予想の合間に、ゲームの世界でも「ウマ娘」たちと一緒にG1を勝利する夢を追ってみてはいかがだろうか。

JRAゴールドシップ厩務員「ウマ娘」に夢中!?「ゴルシで皐月賞勝ったぞ」リアルとゲームの両方で皐月賞(G1)制覇のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!