NEW

パチスロRT「159G」に突入するスーパービッグ搭載! エンディングBBで原作ファンを感涙させた名機【5号機回想~めぞん一刻編~】

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロRT「159G」に突入するスーパービッグ搭載! エンディングBBで原作ファンを感涙させた名機【5号機回想~めぞん一刻編~】の画像1

 今から15年前、2006年のパチスロシーンは、5号機へと移行しながらも大都技研の『秘宝伝』やネットの『真モグモグ風林火山』、サミーの『北斗の拳 SE』などの4号機も登場した。

 混在というよりも、むしろ圧倒的に4号機がホールの勢力図を占めていた印象。そんな中で、ドラマチックな演出と出玉が見事に融合した5号機初期の傑作、オリンピアの『めぞん一刻』がデビューした。

 その名の通り、アニメ化もされた高橋留美子原作の人気作品をモチーフに据えた本機は、獲得枚数の異なる3種類のボーナスを搭載。赤7揃いのスーパービッグは純増約265枚、白7揃いのノーマルビッグは純増約200枚、REGは純増約100枚だ。

 本機にはRT機能が搭載されており、スーパービッグ後は159G継続のRT「一刻タイム」、ノーマルビッグ後は51G継続のRT「五代タイム」に突入する。

 それぞれのRT中は、リプレイ確率が1.86分の1~1.96分の1まで大幅アップ。後のRT機能のようにコインが微増することはないが、ほぼ現状維持のまま次回ボーナス抽選を受けることができる。

 ボーナス重複対象役は全4種類で、スイカとオレンジ1枚役はビッグに期待。リプレイとBAR1枚役は全てのボーナスと同時成立する可能性があり、これらの中で最も重複期待度が高いのはBAR1枚役となる。

 ノーマルビッグ及びREGは内部的にCT状態であることから、消化中は払い出し枚数の最も多い13枚を狙うのが理想。左リール枠内に赤7orBAR絵柄を目押ししてノーマルビッグ中は19回、REG中は9回特殊13枚役を奪取した後、1回だけ逆押しして角チェリーを入賞させればオールフリー打ちよりも若干、多い払い出し枚数を得らえる。

 一方、スーパービッグ中は設定差のあるスイカ出現率を見抜くべく、通常時と同じく小役狙いがベスト。まずは左リール上or中段にBAR絵柄の上にあるチェリーを狙い、中段チェリー及び上段オレンジ停止時は中リールに3連7絵柄を避けて右リールをフリー打ち、上段までスイカを引き込んだ場合は中・右リールにもスイカをフォローすればOKだ。

 ちなみに、スイカ出現率は通常時、ビッグ中共に182.04分の1~142.46分の1。通常時に関してはオレンジ出現率にも設定差があり、こちらの数値は7.89分の1~7.46分の1だ。

 演出は原作の世界観を忠実に再現しており、原作の名シーンが映し出されるドラマチックエピソードは演出成功でスーパービッグ確定。各エピソード成功後は内部的にストーリーが進み、全てのエピソードをクリアした場合は感動のエンディングBBを拝むことができる。

【注目記事】

パチンコ店「大当り消滅」や「メダル“3万枚”放置」など…仰天エピソード満載の「超トラブルメーカー」はこうして生まれた!!

パチンコ新台ALL「約1600発」×「81%ループ」の限界突破スペック! 「10万発」も見込めた“爆裂王”が新時代に降臨!!

甘デジ絶好調で「2万発~3万発」ゲットを期待も…最後の直線で「まさかの展開」!?

パチスロRT「159G」に突入するスーパービッグ搭載! エンディングBBで原作ファンを感涙させた名機【5号機回想~めぞん一刻編~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合