NEW

JRA新人女性騎手が「G1・4着馬」に騎乗! 矢作芳人調教師も認める逸材「異色」のルーキー古川奈穂とは

【この記事のキーワード】

, ,

JRA新人女性騎手が「G1・4着馬」に騎乗デビュー! 矢作芳人調教師も認める逸材「異色」のルーキー古川奈穂とはの画像1

 今週末、JRAでは8人の新人騎手がデビューする。

 なかでも注目を集めているのが、藤田菜七子騎手以来5年ぶり、栗東では2000年にデビューした西原玲奈騎手以来、実に21年ぶりとなる古川奈穂騎手、永島まなみ騎手の2人の女性騎手である。

 特に、矢作芳人厩舎所属の古川騎手は、13日に阪神競馬場で行われる3歳1勝クラス(芝1600m)で、昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)で4着した素質馬バスラットレオン(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)に騎乗することが決まり、大いに注目を集めている。

 矢作師が「菜七子を超える一流のジョッキーになってもらいたい」と期待を寄せる逸材、古川奈穂騎手とは一体、どのような人物なのだろうか。

 古川騎手はもともと競馬の世界を知らなかったそうである。小学校6年生の時、たまたまテレビでやっていた有馬記念で、ゴールドシップの走りに衝撃を受け、一気に競馬の魅力に取り憑かれたという。

 中学生のときには両親に東京競馬場、中山競馬場に連れて行ってもらい、ウィナーズサークルやパドックでは最前列に並び、誕生日プレゼントで買ったもらったデジタル一眼レフカメラで馬の写真を撮っていたそうだ。

 中高一貫校だったので高校に進み、獣医師やJRAの職員など、競馬関連の仕事に就きたいと思っていたそうだが、同時期に藤田菜七子騎手がJRAでデビュー。女性でも騎手になれるということを知り、騎手を目指してみたいと思う気持ちに火がついた。

 小学4年生の時に1年ほど乗馬クラブに通っていたこともあったそうだが、ほぼ未経験といってよく、厩舎研修当初は「これで本当に騎手になれるのか?」と矢作師も心配したそうだ。しかし、研修の終盤には技術が急激に上昇、競馬場で行われた模擬レースでも結果を残すようになった。競馬学校時代に左肩を負傷し、留年という苦い思いもしたが、ついに念願であった騎手としてのスタートラインに立ったことになる。

「古川騎手は脳外科医の父を持ち、自身も都内にある中高一貫の進学校に通っていましたが、中退して騎手になったという異色の経歴の持ち主です。また、師匠である矢作調教師も日本屈指のエリート校である開成高校を卒業しながらも、進学せずに競馬の世界に飛び込んだという異端児。お互いに、何か惹かれ合うものがあったのかもしれません。

以前、調教でモズアスコットにも跨ったことのある古川騎手は、同厩舎の一流馬に調教で数多く跨り、着実に経験を積んでいるようです。矢作師は『奈穂、お前なら出来る!』とスポーツ紙のインタビューでも応えており、古川騎手にかける期待は相当なものと言えるでしょう」(競馬記者)

 女性ジョッキーの先輩である藤田菜七子騎手は2019年に重賞を制覇、翌年にはJRA通算100勝を達成するも、ここ2年は数字を落としており、今年はこれまで3勝と、やや苦しんでいるようにも見える。

 女性にとって騎手の世界は生易しいものではないのかもしれないが、これまであまり見ることのなかった「異色」のインテリ師弟コンビが、男女の壁を超え、競馬界にまた新たな風を吹かせることに期待したいところだ。

JRA新人女性騎手が「G1・4着馬」に騎乗! 矢作芳人調教師も認める逸材「異色」のルーキー古川奈穂とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!