NEW

JRA 3冠牝馬デアリングタクトに陣営「正直物足りない」!? グローリーヴェイズも“距離不安”の2強対決【金鯱賞(G2)展望】

【この記事のキーワード】

, ,

JRA 3冠牝馬デアリングタクトに陣営「正直物足りない」!? グローリーヴェイズも距離不安の混戦模様【金鯱賞(G2)展望】の画像1

 14日、中京競馬場では金鯱賞(G2)が開催される。春の中距離路線を占う一戦で、最も注目を浴びるのは、昨年無敗で牝馬クラシック3冠を達成したデアリングタクト(牝4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だろう。

 デビューから手綱を取る松山弘平騎手とのコンビで、桜花賞、オークス、そして秋華賞を制覇。世紀の一戦と言われた前走のジャパンC(G1)では、同じく3冠馬のアーモンドアイとコントレイルの後塵を拝し、初黒星を喫した。それでもアーモンドアイに0秒2差、コントレイルとはクビ差とその実力はしっかり示した以上、ここは負けられない。

 中間は放牧でリフレッシュを図り、3か月半ぶりの実戦。比較的相手にも恵まれた印象で、断然1番人気は間違いないだろう。

 先月10日に帰厩した後は、同17日に栗東坂路で初時計をマーク。24日の2週前追い切りは、栗東CWを単走で6ハロン83秒2-12秒3。さらに今月3日の1週前追い切りでは、同じ栗東CWで僚馬と併せ、6ハロン82秒6-12秒2をマークした。

 時計自体は合格点を与えられるが、杉山調教師は「パッと見はまだ冬毛が目に付き、正直物足りない印象です。オークス時のような皮膚が薄くパンプアップした感じもない」とやや厳しめのコメントをノルマンディーOCの公式サイトで残している。最終追い切りでどこまで変わってくるか、見極める必要がありそうだ。

 大目標は4月に香港で開催されるクイーンエリザベス2世C(G1)とはいえ、これまで先着を許したのは3冠馬2頭だけ。4歳を迎えた3冠牝馬は、貫禄を見せられるだろうか。

 打倒デアリングタクトの1番手がグローリーヴェイズ(牡6歳、美浦・尾関知人厩舎)だ。19年には香港ヴァーズを制したG1馬である。

 その後も昨秋の京都大賞典(G2)で58kgを背負って完勝するなど、中長距離路線で活躍している。前走のジャパンCでは、積極的な競馬を見せ、5着に好走。デアリングタクトとは「ハナ+クビ」の僅差だった。

 ただ、天皇賞・春(G1)2着の実績があるように、2000mの距離はやや短い印象。スローの展開になれば、切れ負けする可能性もある。逆にスタミナ勝負になれば、デアリングタクトに一泡吹かせてもおかしくない実力の持ち主だ。6歳を迎え、メジロ牝系の成長力を味方に3冠馬に対峙する。

JRA 3冠牝馬デアリングタクトに陣営「正直物足りない」!? グローリーヴェイズも距離不安の混戦模様【金鯱賞(G2)展望】の画像2

 先日勇退した角居勝彦元調教師の置き土産、キセキ(牡7歳、栗東・辻野泰之厩舎)は有馬記念(G1)以来となる実戦を迎える。

 転厩初戦となるが、新たに管理する辻野調教師は、長年にわたり角居元調教師の下で調教助手を務めた。辻野調教師にとっては、もちろんこれが重賞初挑戦。鞍上に指名したのは17年に菊花賞(G1)制覇に導いたM.デムーロ騎手だ。

 近年は、角居厩舎の馬に騎乗する機会が激減していた同騎手だが、厩舎解散に伴って新たにチャンスを得た。不振にあえぐデムーロ騎手に秘策はあるだろうか。

JRA 3冠牝馬デアリングタクトに陣営「正直物足りない」!? グローリーヴェイズも“距離不安”の2強対決【金鯱賞(G2)展望】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!