NEW

JRA【フィリーズレビュー(G2)展望】「九州産馬の星」ヨカヨカVS「極上の末脚」オパールムーン! 展開のカギ握るエイシンヒテン&ポールネイロンにもチャンスあり

【この記事のキーワード】

, ,

JRA【フィリーズレビュー(G2)展望】「九州産馬の星」ヨカヨカVS「極上の末脚」オパールムーン! 展開のカギ握るエイシンヒテン&ポールネイロンにもチャンスありの画像1

 14日、阪神競馬場では桜花賞(G1)トライアル・フィリーズレビュー(G2)が開催される。

 想定段階ではフルゲート18頭に対し、25頭前後の登録が予想され、1勝馬は抽選濃厚。まずは運を味方につけ、ゲートインにこぎつける必要がある。

 1勝馬がひしめくなか、すでに3勝を挙げているヨカヨカ(牝3歳、栗東・谷潔厩舎)が桜花賞に向けて登場する。

 熊本県の本田土寿牧場で生産された九州産馬の星ともいえる存在で、昨年6月のデビュー戦では、後に京王杯2歳S(G2)を制したモントライゼに競り勝った実力の持ち主だ。その後は、九州産馬限定のフェニックス賞(OP)とひまわり賞(OP)を楽勝。秋にはファンタジーS(G3)と阪神JF(G1)に挑戦したが、いずれも5着に終わった。

 スピード馬がそろった阪神JFでは堂々とハナを切り、最後まで逃げ粘るなど、九州産馬といって侮ってはいけない。休み明けだが、距離を1ハロン短縮して臨む今回は挑戦を受ける立場だ。

 鞍上はデビューから乗り続けていた福永祐一騎手から九州・鹿児島県出身の幸英明騎手に乗り替わる。3日には栗東CWで同騎手を背に1週前追い切りが行われ、古馬1勝クラスの僚馬を7馬身追走から半馬身先着と仕上がりの良さを見せた。

 1月に調教中の事故で安楽死になった同じ熊本県産のルクシオンの思いも背負うヨカヨカ。九州産馬の星として、牝馬クラシック第1弾に向けて、まずは重賞初制覇を狙う。

 そのヨカヨカと2度対戦し、1勝1敗のオパールムーン(牝3歳、栗東・昆貢厩舎)も阪神JF以来の実戦を迎える。

 最初の対戦となったファンタジーSでは、勝ったメイケイエールに3/4馬身差の2着に入り、5着ヨカヨカには0秒3先着。その後、阪神JFでは5着ヨカヨカに0秒1差の6着と先着を許したが、上がりタイムは全体3位をマークした。最大の強みは、直線で見せる極上の切れる末脚だ。

 阪神の内回りコースは直線距離が短いが、フィリーズレビューは差し・追い込み馬の台頭が目立つ。過去10年の勝ち馬11頭の脚質内訳は、逃げ0勝、先行3勝、中団と後方がそれぞれ4勝ずつである(2019年は同着で2頭が優勝)。この傾向通りなら、前で競馬をするヨカヨカを差し切っても何ら不思議ではない。

 鞍上はキャリア36年目の横山典弘騎手が務める。桜花賞には14度騎乗して「0-0-3-11」と縁がないレース。悲願達成に向けて、しっかり権利を確保したい。

JRA【フィリーズレビュー(G2)展望】「九州産馬の星」ヨカヨカVS「極上の末脚」オパールムーン! 展開のカギ握るエイシンヒテン&ポールネイロンにもチャンスありのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!