NEW

JRA M.デムーロ「騎乗停止」でランドオブリバティが迫られる究極の選択!? 13勝コンビに振り回されたお騒がせ馬のピンチに「あの騎手」が急浮上

JRA M.デムーロ「騎乗停止」でランドオブリバティが迫られる究極の選択!? 13勝コンビに振り回されたお騒がせ馬のピンチに「あの騎手」が急浮上 の画像1

 昨年12月にはまさかの27連敗を喫し、月間未勝利という屈辱も味わったM.デムーロ騎手。長らく続いたスランプの影響もあってか、以前に比して騎乗馬の質は低下。重賞でも昨年5月にラウダシオンで制したNHKマイルC(G1)を最後に連敗中である。

 デムーロ騎手の持ち味は積極果敢でアグレッシブな騎乗。全盛期にはあっと驚かせる神騎乗で大舞台を勝ちまくった。復活を期すデムーロ騎手にも意地はあっただろう。先週の日曜中山で1カ月半ぶりとなる1日3勝を挙げ、ようやく復調の兆しを見せ始めた。

 だが、今回はそのアグレッシブさが思わぬ大失態となってしまった。

 中山8R(2勝クラス)で7番人気の伏兵スペキュラースに騎乗し、見事な勝利を挙げたデムーロ騎手だったが、スタート直後に内側に斜行。これにより4頭が進路の狭くなる不利を受けた。

 この件について、加害馬に騎乗していたデムーロ騎手には、3月20日から21日まで2日間の騎乗停止処分が下された。

 デムーロ騎手にとってさらに痛恨だったのが、騎乗停止処分の対象とされる21日がスプリングS(G2)の開催日であることだ。このレースには有力馬のランドオブリバティとのコンビで参戦を予定していたものの、一転して白紙となってしまった。

JRA M.デムーロ「騎乗停止」でランドオブリバティが迫られる究極の選択!? 13勝コンビに振り回されたお騒がせ馬のピンチに「あの騎手」が急浮上 の画像2

 ランドオブリバティは昨年のホープフルS(G1)で2番人気に推された素質馬だ。三浦皇成騎手が主戦を任されていたが、4コーナーで逸走して競走中止。その後、課された平地調教再審査を合格し、実戦復帰を果たしたのが先月のきさらぎ賞(G3)だった。

「今日はとにかく無事にゴールできて良かったです。今日に関してはコーナーを回ってくれました」

 1番人気で3着に敗れはしたが、逸走した前走と違ってゴールできたことを評価した三浦騎手だったが、事態は思わぬ急展開を迎えることになる。

 ランドオブリバティ陣営がスプリングSで三浦騎手からデムーロ騎手への乗り替わることを発表すると、今度はまるで“鞍上トレード”のようにタイムトゥヘヴン陣営からデムーロ騎手から三浦騎手への乗り替わりが発表されたのだ。

 三浦騎手は7日の弥生賞(G2)でタイムトゥヘヴンに騎乗して6着に敗れたが、デムーロ騎手の騎乗停止により、スプリングSのランドオブリバティの鞍上は白紙となってしまった。

JRA M.デムーロ「騎乗停止」でランドオブリバティが迫られる究極の選択!? 13勝コンビに振り回されたお騒がせ馬のピンチに「あの騎手」が急浮上のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!