NEW

JRA偉大な父・横山典弘と徹底比較! 令和の名ジョッキー襲名への伏線、横山武史の「代打職人」ぶりがスゴすぎる!?

【この記事のキーワード】

,

JRA偉大な父・横山典弘と徹底比較! 令和の名ジョッキー襲名への伏線、横山武史の「代打職人」ぶりがスゴすぎる!?の画像1

 父・横山典弘騎手の三男にあたる横山武史騎手の評価が急上昇中だ。

 先週の弥生賞(G2)では、4番人気タイトルホルダーで勝利。絶妙のペース配分で逃走劇を演じて、圧倒的1番人気(単勝1.3倍)に支持されたダノンザキッドを完封。単勝1,790円の高配当を演出した。

 同時にリーディング1位独走中のC.ルメール騎手のシュネルマイスターを2着に封じ込めるなど、まさにレースを支配する好騎乗をみせた横山武騎手。

 先月の共同通信杯(G3)でも、4番人気エフフォーリアで勝利。同馬に騎乗する噂もあったルメール騎手が自嘲気味に「(あの馬が)ダービーホースですよ」とコメントしたことから、わずかデビュー5年目の“若武者”は、トップジョッキーにとって意識せざるを得ない存在に成長したといえるだろう。

JRA偉大な父・横山典弘と徹底比較! 令和の名ジョッキー襲名への伏線、横山武史の「代打職人」ぶりがスゴすぎる!?の画像2

 デビュー5年目を迎えた今年のクラシックトライアルで好騎乗を連発する横山武騎手に、競馬サークルもいち早く反応。4月11日の桜花賞(G1)に出走予定のアカイトリノムスメの騎乗も決定した。

 同馬の主戦・戸崎圭太騎手は、3月末のドバイ国際競走へ参戦予定。帰国後2週間は自主隔離期間に入り、桜花賞の週は騎乗できないことが濃厚なことから、横山武騎手の「代打騎乗」が決定した。同騎手は前出の弥生賞でも、奇しくも戸崎騎手の「代打騎乗」で結果を出した経緯がある。

 才能豊かなホープ・横山武騎手を紹介することに対して「なにをいまさら」という競馬ファンもいるだろう。ありきたりな紹介ではつまらない……と過去の戦績を探ると、武史騎手の「代打騎乗」について、興味深いデータを発見することができた。

 デビューした2017年は13勝、翌18年は35勝と、着実に勝ち星を増やしてきた。

 19年は騎乗数727回に対して54勝も、翌20年は前年とほぼ同じ騎乗数728回で94勝を挙げるなど、勝率は大幅アップ。年間100勝に手が届くところまできた若武者のターニングポイントは2020年だったのではないだろうか。

 2020年の横山武騎手の乗替わりに関するデータを調べると、意外な発見があった。

JRA偉大な父・横山典弘と徹底比較! 令和の名ジョッキー襲名への伏線、横山武史の「代打職人」ぶりがスゴすぎる!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!