NEW

JRA圧勝「7馬身差」でオジュウチョウサンへ挑戦状! 高齢化進む障害界に「若くない」新エース!? メイショウダッサイが世代交代に王手

13日、阪神競馬場で行われた阪神スプリングジャンプ(J・G2)は、メイショウダッサイ(牡8歳、栗東・飯田祐史厩舎)が優勝。2着スマートアペックスに7馬身をつける圧勝で、オジュウチョウサンへの挑戦状を叩きつけた。

約1か月後に控える4月17日の中山グランドジャンプ(J・G1)で顔を合わせるであろう2頭。昨年はオジュウチョウサンが2着メイショウダッサイに3馬身差をつけ快勝している。

しかし、それ以降メイショウダッサイは負けなしの3連勝。今回の圧勝劇によって、打倒・オジュウチョウサンに王手をかけたといっても過言ではないだろう。

ライバル・オジュウチョウサンは、これまで絶対王者として障害界を引っ張ってきた。

芝デビューから3戦目、3歳で障害レースに戦いの場を移すと、5歳でその才能は開花。2016年の中山グランドジャンプを2番人気で制すると、そこから障害レースでは13連勝と圧倒的強さを誇っていた。

しかし、前走の京都ジャンプS(J・G3)では単勝1.1倍の支持を得ながらも、まさかの3着敗退。9歳となったオジュウチョウサンは、8歳タガノエスプレッソ、6歳ブライトクォーツという自身より若い世代の馬に先着を許している。

「オジュウチョウサンも今年で10歳と高齢です。2016年の中山グランドジャンプ以降、続いていた障害レースでの連勝も13でストップしましたし、そろそろ引退も近づいているのではないでしょうか。

障害レースでは14戦連続で1番人気に推されていたオジュウチョウサンですが、今年の中山グランドジャンプではメイショウダッサイに1番人気を譲る可能性もあるかもしれませんね。レースの結果とともに、人気にも注目したいところです」(競馬記者)

オジュウチョウサンは、中山グランドジャンプを5連覇中。近3年は平地競走挑戦などで年末の中山大障害(J・G1)には出走していないが、出走した障害G1では7連勝中と敵なし状態だった。

だが、昨年の中山グランドジャンプで負かしたブライトクォーツに敗れているオジュウチョウサンに対し、メイショウダッサイは2走前の中山大障害でタガノエスプレッソとブライトクォーツをともに破っている。確かに、人気が逆転してもおかしくはない状況といえるだろう。

とはいえ、オジュウチョウサンの主戦を務める石神深一騎手は、本番で巻き返しに燃えている。

石神騎手は、京都ジャンプSのレース後「最後の障害で脚をぶつけて気持ちも途切れてしまいました」と敗因を分析。また「4角では勝ち馬より手応えが良かったぐらい」と能力の差で敗れたとは思っていない。

左前脚を捻ったため、前走後は放牧に出されリフレッシュ。近日帰厩予定で、6連覇を懸け中山グランドジャンプに向かう予定だ。

絶対王者・オジュウチョウサンか、はたまた8歳にして頂点を狙う新エース・メイショウダッサイか……。1カ月後の対戦が今から楽しみだ。

JRA圧勝「7馬身差」でオジュウチョウサンへ挑戦状! 高齢化進む障害界に「若くない」新エース!? メイショウダッサイが世代交代に王手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール