NEW

JRA【ファルコンS(G3)展望】グレナディアガーズ「33年ぶり」サッカーボーイ以来の2歳王者登場! 前走“大暴走”モントライゼ「距離短縮」で逆転狙う

JRA【ファルコンS(G3)展望】グレナディアガーズ「23年ぶり」サッカーボーイ以来の2歳王者登場! 前走大暴走モントライゼ「距離短縮」で逆転狙うの画像1

 20日、中京競馬場ではNHKマイルC(G1)へのステップレース、ファルコンS(G3)が行われる。 今年は2歳マイル王グレナディアガーズが出走を予定しており、例年以上に注目を浴びるレースとなりそうだ。

 昨年末の朝日杯FS(G1)を先行して押し切ったグレナディアガーズ(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)。陣営はレース直後に早々とマイル路線に進むことを明言。数ある選択肢の中から始動戦としてファルコンSを選んだ。

 2歳G1馬がファルコンSに出走するのは極めて異例だ。距離が1800mで夏開催だった1988年の第2回(当時の名称は「中日スポーツ賞4歳S」)には、前年の朝日杯3歳S覇者サッカーボーイが出走したことはあるが、春開催になった2006年以降、2歳王者の出走は初めてである。

 グレナディアガーズは、1400mの未勝利戦を勝ち上がったばかりで朝日杯FSを迎えた。それまで唯一のマイル戦では4着に敗れており、成績だけ見ると7番人気でも過剰と思えるほど。しかし、川田将雅騎手が積極果敢に先行すると、早め先頭に立ち、後続の追い上げをしのいだ。勝ちタイムの1分32秒3は、レース&2歳コースのダブルレコードというおまけつきでもあった。

 引き続き鞍上を務める川田騎手は、1週前追い切りに騎乗後、精神面の成長を口にしており、怪物フランケル産駒はさらに高いパフォーマンスを見せてくれるかもしれない。叩き台とはいえ、前走がフロックではなかったことを証明するためにも負けられない一戦だ。

 結果的に、そのグレナディアガーズのレコードVをアシストする形となったのがモントライゼ(牡3歳、栗東・松永幹夫厩舎)の大逃げだった。

 前走・朝日杯FSでは距離不安もあるなか、4番人気に支持されたモントライゼ。“暴走”ともいえるハイペースで、直線垂れて10着に惨敗した。

 今回は距離を1ハロン短縮。勝利を飾った京王杯2歳S(G2)と同じ左回りに舞台を替えて逆転を狙う。C.ルメール騎手の3戦連続となる継続騎乗もプラスになるだろう。

 ただし、ファルコンSでは逃げ馬は大苦戦。07年にサクラゼウスが3着に粘ったのを最後に、昨年まで13年連続で5着以下に沈み、うち9回は2ケタ着順と壊滅状態だ。

 グレナディアガーズを逆転できるとすれば、馬場が渋ったときか。デビューからの3戦は稍重と重で走り、「1-2-0-0」。父がダイワメジャーならパワーを要する馬場のほうがより力を発揮できるだろう。

JRA【ファルコンS(G3)展望】グレナディアガーズ「33年ぶり」サッカーボーイ以来の2歳王者登場! 前走“大暴走”モントライゼ「距離短縮」で逆転狙うのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  6. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  7. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  8. JRA「またも」落馬事故で横山武史が病院搬送……藤田菜七子、戸崎圭太、三浦皇成ら関東スター騎手の相次ぐ“悲劇”にファンも心配
  9. JRA「まるで別人」C.ルメールまさかの重賞13連敗……大本命オーソクレース6着惨敗で、2022年重賞「馬券圏内ゼロ」行進
  10. JRA イクイノックスVSジオグリフは実現せず!? 豪華絢爛の木村哲也厩舎が抱える深刻な“C.ルメール依存症”…解決策はいつものアレ?