NEW

JRA競馬中継「視界不良」で16頭立てが“6頭立て”に……「どうやらスタートを切っているようです」という実況で始まった伝説のレース

JRAグリーンチャンネル競馬中継「視界不良」で16頭立てが6頭立てに……「どうやらスタートを切っているようです」という実況で始まった伝説のレースの画像1

 関東では東京・神奈川・千葉・埼玉といった区域に大雨警報が発令された13日、千葉県船橋市にある中山競馬場も酷い豪雨にさらされた。

 不幸中の幸いか、新型コロナウイルスの影響で未だ無観客開催が続く中山だが、述べるまでもなく現場の関係者は大変な状況……。多少の雨には動じない競走馬や騎手にとっても、さすがに大なり小なりの支障はあったようだ。

 そんな中、ひときわ災難だったのが、この日の実況を担当したラジオNIKKEIの小林雅巳アナだ。

 朝から降り続く雨がピークを迎えた14時頃、中山では8Rが行われた。JRAの公式ホームページにアップされたレース映像……つまりはグリーンチャンネルの中継画面が“灰色”に塗りつぶされ、ほとんど何も見えない中でゲートが開かれた。

 こうなってくると視聴者からすれば実況だけが頼りになるのだが、ほぼ視界を奪われているのは小林アナも同じだったようだ。16頭立て、ダート1200mのレースとなれば、本来なら実況は大忙し。まさにプロの腕の見せ所なのだが……。

「内から3番クリノマンジェリカ……さらに、それを制して上がって行きました……7番のターコイズリング……外から16番グラディオロが3番手……2番手から3番手」「エルメーム……これが4番手」

 豪雨のせいでほとんど見えないとはいえ、いい加減な実況をするわけにもいかない。小林アナも懸命に1頭1頭、馬番と名前を確かめるようにアナウンスするが、歯切れの悪さを隠し切れるはずもなく……結局、最後の直線に入るまでに名前を呼ばれたのは、上記の4頭だけだった。

「今はアナウンサーの方も映像を見て実況するので、逆に『よく見えたな』という印象です。最後はきっちり1着タマモキャペリンと2着デルマシャンパンの動きを実況できていましたが、担当したアナウンサーは災難だったでしょうね。あそこまで雨が強くなることはなかなかないと思いますので、ある意味では貴重な実況だったと思います」(競馬記者)

 絶望的な「視界不良」で有名なのは、やはり1996年のバイオレットS(OP)だろう。

 猛吹雪に見舞われたレースは、「ほとんど……見えません」という広瀬伸一アナの悲痛な声から幕を開けた。

JRA競馬中継「視界不良」で16頭立てが“6頭立て”に……「どうやらスタートを切っているようです」という実況で始まった伝説のレースのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  2. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  3. JRAヴィクトリアマイル(G1)はソダシ、デアリングタクト、レイパパレをまとめてバッサリ! 3強が持つ弱点とは
  4. JRAレイパパレ川田将雅「切望」問答無用の1着固定! デアリングタクト、ソダシ、レシステンシア「まとめて消し」で万馬券狙い【ヴィクトリアマイル(G1)予想】
  5. JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙う
  6. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  7. 「驚くくらい活躍する」元JRA細江純子氏の予言が現実に…藤田菜七子“待望の2勝目”も霞む、女性騎手の「エース候補」が“神騎乗”連発!
  8. JRA「ウマ娘」藤田晋オーナーの快進撃に急ブレーキ!? 新人オーナーに降りかかった競馬の“洗礼”…日本ダービー(G1)参戦を見据える使い分けが招いた「2つの悲劇」とは
  9. JRAヴィクトリアマイル(G1)の法則で「10番人気以下」の激走必至!? ソダシ、デアリングタクト、レイパパレら「大物食い」が期待できる伏兵2頭とは
  10. JRAシャフリヤール、タイトルホルダーら挑戦も凱旋門賞「不要論」再燃……年々広がる武豊らホースマンの悲願と、ファン心理との「乖離」とは