NEW

JRA横山典弘で「思った通りに」!? 高松宮記念(G1)G1勝利から「23年」非情の乗り替わりは吉か凶か……マジックに魅せられた陣営の想い

【この記事のキーワード】, ,

JRA横山典弘で「思った通りに」!? 高松宮記念(G1)G1勝利から「23年」非情の乗り替わりは吉か凶か……マジックに魅せられた陣営の想いの画像1

 あの「マジック」に魅せられたのだろうか……。

 28日、中京競馬場で行われる高松宮記念(G1)に、ライトオンキュー(牡6歳、栗東・昆貢厩舎)が出走予定。同馬といえば、ここまで12戦連続で騎乗した古川吉洋騎手のイメージがファンの脳裏にも焼き付いていることだろう。

 古川吉騎手はデビューから2年目の1997年に阪神3歳牝馬S(G1・現在の阪神JF)をアインブライドで優勝。自身2回目のG1挑戦で、華々しい勝利を飾った。

 しかし、その後は年々勝ち鞍も減少。2007年辺りから再び成績が上昇を描き、そこから10年後の2017年にコンビを組んだのがテイエムジンソクである。

 テイエムジンソクは、竹之下智昭騎手を背にデビュー。11戦で4勝を挙げたが、その後は2着、3着、4着と惜しい競馬はするものの勝ち切れないでいた。

 そこで手綱を任されたのが、古川吉騎手だ。

 3カ月のリフレッシュ放牧を挟んだテイエムジンソクは、東大路S(3勝クラス)の勝利をきっかけに3連勝。古川吉騎手はテイエムジンソク主戦の座を見事に勝ち取ったのである。

 1997年アインブライドのG1勝利から約20年。テイエムジンソクで重賞のみやこS(G3)も勝利し、その栄光は目の前まで迫っていたはずだ。

 しかし、1番人気に推されたチャンピオンズC(G1)では、クビ差の2着。それから約3年が経ち、新たにG1制覇の希望が見えた馬こそライトオンキューだったのではないだろうか。

 だが、近3走のライトオンキューは2着、9着、2着と勝ち切れない競馬が続き、高松宮記念では無念の降板。G1の大一番を託されたのは、横山典弘騎手である。

JRA横山典弘で「思った通りに」!? 高松宮記念(G1)G1勝利から「23年」非情の乗り替わりは吉か凶か……マジックに魅せられた陣営の想いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと