NEW

JRA横山武史タイトルホルダー「コンビ解消」も安心できない裏事情!? ライバルにさらわれた意中の恋人、無敵のコンビを襲った2年前の悲劇

【この記事のキーワード】

, ,

JRA横山武史タイトルホルダー「コンビ解消」も安心できない裏事情!? ライバルにさらわれた意中の恋人、無敵のコンビを襲った2年前の悲劇の画像1

 弥生賞(G2)を勝利し、4月18日の皐月賞(G1)へ直行することが発表されていたタイトルホルダーの鞍上は、田辺裕信騎手に決定した。

 この決定により、ホッと一安心したであろう人物が横山武史騎手だ。

 タイトルホルダーを弥生賞(G2)勝利に導いた横山武騎手。しかし、レース後の勝利騎手インタビューでは、歯切れの悪いコメントを残している。

 インタビュアーから「2歳王者(ダノンザキッド)に勝ったという意味は、どういう風に捉えていますか?」という質問を受けて「えー、本番はまだこれからですし、あの……」と言葉を詰まらせると、最後には「ちょっと難しいですね、その質問は」と苦笑いで回答を避けた。

 本番の皐月賞と同コースの前哨戦だけに、普通であれば喜びを爆発させてもいい場面である。ただ、横山武騎手には他に「意中」の相手がいるのだ。

 ダービー候補の筆頭とも噂される、エフフォーリア(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)である。

 これまで3戦3勝で、前走の共同通信杯(G3)では2着ヴィクティファルスに2馬身半差をつけて圧勝。キングストンボーイで4着に敗れたC.ルメール騎手もその強さに白旗、自身のツイッターで「Derby horse !!」と呟いたほどだ。

 今回のタイトルホルダーの鞍上決定は、いうなれば「コンビ解消」の成立。しかし、横山武騎手にとって不安のタネはそれだけではない。

「皐月賞ではタイトルホルダーが田辺騎手、グラティアスが松山弘平騎手に決まり、恐らく横山武騎手がエフフォーリア、ルメール騎手がオーソクレースに騎乗することが予想されます。ただ、共同通信杯から1カ月が過ぎましたが、横山武騎手、ルメール騎手ともに未だ正式な騎乗予定の発表はありません。

まさかとは思いますが、過去の事例からはエフフォーリアにルメール騎手なんてことも、あるかもしれません。内部では決まっている可能性もありますが、決まっていないとすれば横山武騎手は不安で仕方ないでしょうね」(競馬記者)

 過去の事例といえば、サートゥルナーリアがそれにあたるかもしれない。

JRA横山武史タイトルホルダー「コンビ解消」も安心できない裏事情!? ライバルにさらわれた意中の恋人、無敵のコンビを襲った2年前の悲劇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!