NEW

JRA大阪杯(G1)デアリングタクト敗れるもコントレイルは大丈夫!? 歴代三冠馬の古馬始動戦の明暗、7冠馬ディープインパクトに続けるか

【この記事のキーワード】,

JRA大阪杯(G1)デアリングタクト敗れるもコントレイルは大丈夫!? 歴代三冠馬の古馬始動戦の明暗、7冠馬ディープインパクトに続けるかの画像1

 先週の金鯱賞(G2)に出走した昨年の三冠牝馬デアリングタクトが、単勝1.4倍の圧倒的1番人気に支持されながらも。最低人気のギベオンに不覚を取って2着と敗れた。

 一方、牡馬クラシック三冠馬コントレイルは、4月4日の大阪杯(G1)に照準を合わせ、17日に2週前追い切りを消化。主戦の福永祐一騎手を背に、栗東坂路で一番時計の4ハロン50秒1をマークするなど、準備は万全だ。

 デアリングタクトの例をみると、やはり三冠馬といえども、明け4歳となる初戦はひと筋縄ではいかないのか。いや、コントレイルの実力を持ってすれば、強敵揃いの年長馬たちを一蹴できるはず……と、興味は尽きない。

 コントレイルの始動戦となる大阪杯を前に、歴代の三冠馬たちが迎えた、古馬になっての初戦を振り返ってみたい。長きにわたる日本の競馬史上、過去に誕生した三冠馬はわずか8頭。そのうち「無敗」で三冠を制したのは、昨年のコントレイルを含めて3頭のみである。

 1頭目は1984年に史上初の無敗の三冠馬となったシンボリルドルフ。古馬始動戦は日経賞(G2)。当然、のごとく1番人気に支持され、単勝オッズは100円元返しだった。

 本来は逃げ馬ではないシンボリルドルフだったが、スタートからスピードの違いで先頭に押し出され、馬なりのままゴール。2着に4馬身差をつける圧勝劇を演じた。鞍上の岡部幸雄騎手は手綱を持ったままで、その圧倒的な強さは「歩いて勝った」とまで形容された。

 続いて史上2頭目の「無敗」の三冠馬ディープインパクト。2005年の三冠馬は、古馬始動戦に阪神大賞典(G2)を選択した。

 このときはデビュー以来、初の敗戦を喫した前年の有馬記念から3ヶ月の休み明け。なおかつ440キロ台の小柄な馬が58キロを背負い、稍重の馬場を不安視する声もあった。しかし結果は単勝1.1倍の期待を裏切ることなく完勝。その後の活躍は説明不要だろう。

「無敗」ではないものの、偉大な三冠馬はまだいる。

 1964年の三冠馬シンザンは、菊花賞を制覇した後は疲労が抜けずに有馬記念を回避。蹄に炎症が発生したため、翌年6月の宝塚記念を目標に調整され、復帰戦を見事に勝利。その前哨戦となった宝塚の前の復帰2戦も勝利している。

 1983年のミスターシービーは三冠馬となった後、ジャパンCと有馬記念を回避。さらに翌84年の古馬始動戦はアメリカジョッキークラブCが予定されていたが、雪予報によりダートで行われる可能性があったことで出走取り止め。さらに次走の中山記念も蹄の状態が悪く回避。結果、秋の毎日王冠(G2)に出走して2着に敗れている。

 記憶に新しいところでは、1994年の三冠馬ナリタブライアンだ。三冠達成後の有馬記念を勝利して、翌年の始動戦は阪神大賞典。単勝元返しの期待に見事応えて勝利するも、レース後に右股関節炎を発症。この年の天皇賞・春(G1)出走は叶わなかった。

JRA大阪杯(G1)デアリングタクト敗れるもコントレイルは大丈夫!? 歴代三冠馬の古馬始動戦の明暗、7冠馬ディープインパクトに続けるかのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!