NEW

JRA過去にはCMに起用! 武豊VS田原成貴、伝統の一戦・阪神大賞典(G2)騎手の腕が試された稀代の名勝負を振り返る!!

JRA過去にはCMに起用! 武豊VS田原成貴、伝統の一戦・阪神大賞典(G2)騎手の腕が試された稀代の名勝負を振り返る!!の画像1

 今週末の21日(日)に行われる阪神大賞典(G2)は、今年で施行69回を迎える。記念すべき第1回は、今から約70年前の1953年に開催されるなど、数あるJRAのレースのなかでも有数の歴史を誇るレースだ。

 創設当初は「暮れの阪神開催を飾る名物レース」として親しまれていた同重賞。現在の年末の大一番・有馬記念の前身「第1回中山グランプリ」は1956年に開催されており、阪神大賞典のほうが先にスタート。同重賞は、今でいうところの有馬記念のような存在だった。

 当時はハンデ戦で、別定戦になったのは65年前の1956年。現在よりも短い2000mで施行されており、1965年からは3100mに変更。3000mに定着したのは約50年前の1974年から。重厚な歴史を持つ阪神大賞典では、幾多の名勝負が繰り広げられている。

 そんな長い歴史の中でも「No.1を決める」といわれたら、やはり1996年第44回を推したい。同年3月9日、土曜日にも関わらず6万人近い観客が集まった阪神競馬場。ナリタブライアンとマヤノトップガンの対決を観るべく、多くの競馬ファンが足を運んだ。

 前々年の三冠馬ナリタブライアンと、前年の菊花賞(G1)を制した後、有馬記念で古馬を蹴散らしたマヤノトップガン。ともに同じブライアンズタイムを父に持つ2頭が演じた残り600mからの壮絶な叩き合いは、今でも語り草になっている。

 このレースのゴール前の映像は、のちにJRAテレビCMにも起用されたほど。普段は競馬に興味をもたない視聴者からの反響も大きかったという。

 1番人気に推されたのは、マヤノトップガン。前年1995年度年度代表馬は、その期待を裏切ることなく激しいマッチレースを演じたものの、結果は2着。当時、手綱をとった田原成貴氏は後に「あれは名勝負ではない」とコメント。仕掛けのテンポをひとつ、ふたつ遅らせれば勝てたと悔やんだ。

 しかし翌年、田原氏はリベンジを果たす。翌1997年第45回でもマヤノトップガンに騎乗した田原氏は、それまでの先行策から一転して、誰もが驚く後方からの競馬でキッチリ勝利。名騎手として名を馳せた、田原氏の好騎乗が光ったレースだった。

 ちなみに田原氏の同重賞の成績は、1986年以降では6鞍に騎乗して1着、2着ともに1回ずつで、3着2回。勝率16.7%、連対率33.3%、複勝率66.7%の好成績を残している。

 1996年に話を戻せば、勝利したのはナリタブライアン。前年の天皇賞・秋(G1)からジャパンC(G1)、有馬記念で凡走を繰り返すなど、ファンはその復活を待ちわびていた。

JRA過去にはCMに起用! 武豊VS田原成貴、伝統の一戦・阪神大賞典(G2)騎手の腕が試された稀代の名勝負を振り返る!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール