NEW

JRA武豊が約860億円「世界1位」でL.デットーリは37位……「ジョッキー獲得賞金ランキング」で明らかになった衝撃の事実とは

【この記事のキーワード】,

JRA武豊が約860億円で「世界1位」L.デットーリは37位……「ジョッキー獲得賞金ランキング」で明らかになった衝撃の事実とはの画像1

 オンライン・ベッティングガイドの『OLBG.com』が18日、「ジョッキー獲得賞金ランキング」を発表。新旧の世界中の騎手を対象に「どれだけ賞金を獲得したのか」を調査し、そのベスト50を公表している。

 詳細は公式サイトをチェックしていただきたいが『OLBG.com』はウマニティ、レーシングポスト、エクイベースなど各国の競馬データベースを参考に集計。その結果、世界の名手たちを抑えて第1位に輝いたのは、日本が誇るレジェンド武豊騎手だった。

 その賞金総額は、なんと7億9610万ドル。日本円にして約860億円というから驚きだ。これには調査を行った『OLBG.com』も「武豊は母国日本で生きる伝説」と、その偉業を紹介。賞金大国が生んだレジェンドジョッキーは、世界でも金字塔を打ち立てている。

「我々競馬ファンも武豊騎手が空前絶後の稼ぎ頭であることは、なんとなくイメージしていますが、こうして具体的な金額を提示されると、改めてその偉業の凄みを感じますね。何より、まだ現役であることが素晴らしい。この記録をどこまで伸ばせるのかも、今後の武豊騎手のトピックスの1つになりそうです」(競馬記者)

 また、第2位は同じく日本の横山典弘騎手。武豊騎手の1つ先輩で、こちらも今なお現役。昨年も重賞7勝を挙げるなど、その手腕はまだまだ健在だ。続く第3位には先日引退したばかりの蛯名正義騎手。武豊騎手と同期であり、長く競馬界のトップジョッキーに君臨していた。

「日本人ジョッキーが1、2、3位を独占したように、今回の発表で改めて明らかになったのは、日本競馬……特にJRA(日本中央競馬会)の賞金額が世界の中で抜きん出ている事実でしょうね。

ちなみに第4位が福永祐一騎手、6位に柴田善臣騎手、7位に岡部幸雄さん、9位に藤田伸二さん、10位に岩田康誠騎手がランクインするなど、トップ10の8人が日本人騎手で占められました」(同)

 また、第5位にランクインしたジョン・ベラスケス騎手は通算6200勝を超える名手であり、8位のハビエル・カステラーノ騎手も5300勝を数える。しかし、通算賞金という面では4200勝の武豊騎手には遠く及ばず、2400勝の福永騎手にも及ばない。この事実もまた、日本競馬の賞金額の高さを如実に表しているといえるだろう。

「ちなみにトップ50の中に、日本人騎手は25人もランクインしています。一方、世界で最も多くのG1制覇を成し遂げているランフランコ・デットーリ騎手は37位。通算2億1235万ドルは、武豊騎手の7億9610万ドルの1/3程度でした。近年は数多くの外国人騎手が日本競馬参戦を目指していますが、その気持ちがよくわかりました(笑)」(同)

 かつてアジアを旅したマルコ・ポーロは東方見聞録を通じて、日本を「黄金の国ジパング」と表した。だが、現代の外国人騎手たちにとって、日本はまさに「黄金の国」なのかもしれない。

JRA武豊が約860億円「世界1位」でL.デットーリは37位……「ジョッキー獲得賞金ランキング」で明らかになった衝撃の事実とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか