NEW

JRA【高松宮記念(G1)展望】武豊レシステンシアVS川田将雅ダノンスマッシュVS福永祐一インディチャンプ!3強に割って入る「あの馬」たちにも注目

【この記事のキーワード】, ,

JRA【高松宮記念(G1)展望】武豊レシステンシアVS川田将雅ダノンスマッシュVS福永祐一インディチャンプ!3強に割って入る「あの馬」たちにも注目の画像1

 いよいよ春本番を迎え、JRAでは本格的なG1シーズンが到来する。第1弾は、電撃の6ハロン戦、高松宮記念(G1)だ。

 フルゲート18頭に対し、23頭が特別登録済み。上位陣の実力は伯仲しており、展開によっては伏兵陣にも台頭のチャンスはありそうだ。

 スプリント戦未経験ながら、1番人気に支持されそうなのがレシステンシア(牝4歳、栗東・松下武士厩舎)だ。2019年暮れに阪神JF(G1)を制し、昨年は桜花賞(G1)とNHKマイルC(G1)で連続2着と同世代相手に快速ぶりを発揮してきた。

 その後、軽度の骨折明けで臨んだマイルCS(G1)は、単騎逃げの形に持ち込むも、8着に敗退。一息入れて、2月の阪急杯(G3)で始動すると、マイペースの逃げを打って、1年2か月ぶりとなる勝利を手にした。

 前走からさらに1ハロン短縮して臨む初スプリント戦の鞍上に指名されたのは、3度目の騎乗となる武豊騎手だ。武騎手は高松宮記念で通算「2-1-1-9」。2005年アドマイヤマックス、07年スズカフェニックスで勝利を挙げているが、中京競馬場改修後は7戦連続で着外と相性は良くない。昨年に至っては、アイラブテーラーに騎乗し、13秒2差で惨敗という屈辱を味わった。

 デビューから8戦のうち5戦で逃げているレシステンシアだが、武騎手が騎乗した2回はいずれも控える競馬をしている。快速モズスーパーフレアが逃げることはまず間違いなく、レジェンド騎手の出方に注目が集まる。武騎手の判断がレース展開のカギを握りそうだ。

JRA【高松宮記念(G1)展望】武豊レシステンシアVS川田将雅ダノンスマッシュVS福永祐一インディチャンプ!3強に割って入る「あの馬」たちにも注目の画像2

 そのレシステンシアを前に見ながらの競馬が予想されるダノンスマッシュ(牡6歳、栗東・安田隆行厩舎)は、前走の香港スプリントで悲願のG1制覇を果たした。

 鞍上はR.ムーア騎手から川田将雅騎手に戻り、今度は国内G1制覇の悲願達成を狙う。これまで国内では重賞6勝を誇るも、国内G1は6連敗中。昨秋のスプリンターズS(G1)では、ハイペースを先行。4番手から早めに抜け出したが、グランアレグリアの異次元の末脚に屈した。

 3か月半ぶりの実戦を迎えるが、調整は順調。1週前には栗東坂路で4ハロン50秒6をマークし、休み明けでも力を発揮できる状態に仕上がっている。

 このレースは過去2戦して4着、10着と相性はイマイチ。ただ、同コースで行われた3走前のセントウルS(G2)は快勝している。香港帰りで成長した姿を見せることはできるか。

JRA【高松宮記念(G1)展望】武豊レシステンシアVS川田将雅ダノンスマッシュVS福永祐一インディチャンプ!3強に割って入る「あの馬」たちにも注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇