NEW

JRA【ファルコンS(G3)回顧】ルークズネストの自在性に大本命グレナディアガーズ敗れる! ダノンザキッドに続いて連敗の「2歳王者」の課題と吉兆とは?

JRA【ファルコンS(G3)回顧】ルークズネストの自在性に大本命グレナディアガーズ敗れる! ダノンザキッドに続いて連敗の「2歳王者」の課題と吉兆とは?の画像1

 20日、中京競馬場で行われたファルコンS(G3)は幸英明騎手騎乗の3番人気ルークズネスト(牡3、栗東・浜田多実雄厩舎)が前年の朝日杯FS(G1)の勝ち馬で、川田将雅騎手騎乗の1番人気グレナディアガーズ(牡3、栗東・中内田充厩舎)をアタマ差下し、嬉しい初重賞制覇を飾った。良馬場の勝ちタイムは1:20.1秒。

 勝ったルークズネストは父モーリス、母ヴィラ(母の父ディープインパクト)という血統。モーリス産駒は先週のフィリーズレビュー(G2)のシゲルピンクルビーに続き、芝1400mの3歳重賞を連勝。昨年の新種牡馬リーディング争いではドゥラメンテに僅差で敗れたモーリスだが、G1シリーズを前にいよいよ「本領発揮」の勢いだ。

 ルークズネストは1月のシンザン記念(G3)で直線猛然と追い込んだものの、同じく父にモーリスを持つ福永祐一騎手騎乗のピクシーナイトにまんまと逃げ切りを許し2着に甘んじた。

 今回、百戦錬磨の幸騎手は一転、末脚を活かすのではなく逃げの手に打って出た。やや煽り気味のスタートだったが、じわりと先頭を奪いに行く。

 前半600m通過は33.7秒とやや速めの逃げ、そして番手から2歳マイル王グレナディアガーズが目を光らせている。直線を向いて川田騎手が楽な手応えのまま並びかけるが幸騎手は並ばせない。残り200m付近でルークズネストが外にヨレ、一瞬先頭を譲って「万事休すか」というシーンを作りながらも、そこから驚異の二枚腰でグレナディアガーズを差し返したのだ。

 終わってみれば、スタートからゴールまでマッチレースのような形で決着。上位2頭から2馬身半差の3着には京王杯2歳S(G2)覇者でⅭ.ルメール騎手騎乗の2番人気モントライゼ(牡3、栗東・松永幹夫厩舎)が入線した。

 レース後、ルークズネストの幸騎手は「極端な枠だったから、どんなレースをするか色々考えていました。馬が楽に前に出てくれたから、そのまま逃げました」とコメントしている。折り合いも特に問題があるようには見えず、自在性も高いとくればNHKマイルC(G1)でも面白い存在となるかも知れない。

JRA【ファルコンS(G3)回顧】ルークズネストの自在性に大本命グレナディアガーズ敗れる! ダノンザキッドに続いて連敗の「2歳王者」の課題と吉兆とは?の画像2

 また、グレナディアガーズの川田騎手は「久々のレースでテンションが高く、力んで走っていました。それでも辛抱が利いていたと思うのですが、最後は止まる感じになって勝ち馬に差し返されました。色々これから改善出来ればいいと思います」とコメントを残しているように、2歳マイル王の気難しい面はまだ解消されていないようである。

 とはいえ今回は1キロの斤量差があってのアタマ差なら、年明け初戦としては上々の滑り出しではなかろうか。昨年のファルコンS2着馬ラウダシオンがその後、NHKマイルⅭを制しているように「ゲンが良い」と考えられなくもない。

 2頭の再戦は5月9日、新緑の東京競馬場で行われる。

JRA【ファルコンS(G3)回顧】ルークズネストの自在性に大本命グレナディアガーズ敗れる! ダノンザキッドに続いて連敗の「2歳王者」の課題と吉兆とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  5. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは