NEW

JRA【日経賞(G2)展望】有馬記念(G1)“デッドヒート”の2頭が激突!「再起」武豊ワールドプレミアVS「シルバーコレクター返上」カレンブーケドール!

【この記事のキーワード】, ,

JRA【日経賞(G2)展望】有馬記念(G1)デッドヒートの2頭が激突!「再起」武豊ワールドプレミアVS「シルバーコレクター返上」カレンブーケドール!の画像1

 27日、中山競馬場では天皇賞・春(G1)の前哨戦・日経賞(G2)が開催される。今年はG1勝ち馬に加え、G1連対経験がある牝馬2頭も参戦予定。ハイレベルな一戦となりそうだ。

 2019年の菊花賞馬、ワールドプレミア(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)が有馬記念(G1)以来の実戦復帰を果たす。昨年は体調が整わず、ジャパンC(G1)と有馬記念のわずか2戦に走っただけだ。

 長期休養明けのジャパンCは、中団後方から直線じりじりと脚を伸ばしたが6着まで。続く有馬記念では、好位を確保するも、道中ゴチャつく不利もあって5着同着という不完全燃焼の結果に終わった。

 3か月ぶりの復帰戦は、あくまでも大目標とする天皇賞・春への叩き台。それでもG1馬として無様な競馬はできないだろう。

 18日の1週前追い切りでは、栗東CWで82秒6-12秒4をマーク。3歳の素質馬ルペルカーリアを相手に併入した。明けて5歳となったが、まだキャリア9戦と使い減りしておらず、馬もまだ若い。不本意な結果に終わった2020年から一転、更なる成長を見せる可能性は十分ある。

JRA【日経賞(G2)展望】有馬記念(G1)デッドヒートの2頭が激突!「再起」武豊ワールドプレミアVS「シルバーコレクター返上」カレンブーケドール!の画像2

 そのワールドプレミアと有馬記念で5着同着だったのがカレンブーケドール(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 主な勝ち鞍は3歳春のスイートピーS(L)だが、これまでG1で3度の2着というシルバーコレクターとして知られる。昨年は京都記念(G2)2着の後、ドバイに遠征したが、入国後に開催中止という不運に見舞われた。

 そのまま春は全休し、秋はオールカマー(G2)から始動。ここで2着に入ったが、ジャパンC4着、そして有馬記念5着と未勝利のまま1年を終えた。前走は池添謙一騎手に乗り替わったが、今回の鞍上には松山弘平騎手を新たに指名。続々と有力馬の騎乗依頼を受けるトップジョッキーの仲間入りを果たした松山騎手が、悲願の重賞制覇に導くか。

 陣営はもともと京都記念から大阪杯(G1)を予定していたが、ローテーションを変更。まずは日経賞でシルバーコレクターの汚名を返上する。

 カレンブーケドールと同じくG1で2着の実績を持つのがウインマリリン(牝4歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 2連勝で臨んだ昨年のオークス(G1)ではデアリングタクトと半馬身差の2着に好走。秋の飛躍が期待された。ところが、ぶっつけで挑んだ秋華賞(G1)は15着に大敗。エリザベス女王杯(G1)こそ、大健闘の4着に粘ったが、古馬に力差を見せつけられた。

 今年の始動戦は1月のAJCC(G2)。ここでは6着と掲示板を外すも、勝ったアリストテレスと0秒4差なら悲観する結果ではないだろう。

 1週前追い切りでは、絶好の動きを披露。メキメキと力をつけている横山武史騎手に導かれ、重賞2勝目を狙う。

JRA【日経賞(G2)展望】有馬記念(G1)“デッドヒート”の2頭が激突!「再起」武豊ワールドプレミアVS「シルバーコレクター返上」カレンブーケドール!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由