NEW

日経賞(G2)武豊→石橋脩「弱小世代」ワールドプレミアは菊花賞馬の意地を見せ、主役となって天皇賞・春(G1)へ向かえるのか?

【この記事のキーワード】,

JRA日経賞(G2)武豊→石橋脩「弱小世代」ワールドプレミアは菊花賞馬の意地を見せ、主役となって天皇賞・春(G1)へ向かえるのか?の画像1

 27日、中山競馬場で行われる日経賞(G2)にワールドプレミア(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は、今回が初コンビとなる石橋脩騎手を鞍上に迎え、出走を予定している。

 今年の日経賞出走馬の中で唯一のG1ホースであるワールドプレミアは19年菊花賞(G1)以来となる勝利を飾り、天皇賞・春(G1)への弾みを付けたいところだろう。

 菊花賞優勝、有馬記念(G1)3着とスターへの階段を登り始めたワールドプレミアだが「好事魔多し」、昨年はジャパンC(G1)まで長期休養を余儀なくされた。

 その理由を友道師は「菊花賞ってダメージのある競馬なので、あそこでもうちょっと間隔を空けてあげればよかったかな、と結果的に思います。いつも真剣に走る馬で、頑張りすぎて、菊花賞の疲れとかが色々と出た感じです」と後に語っている。

 結局、昨年は復帰戦のジャパンCをアーモンドアイから0.8秒差6着、有馬記念をクロノジェネシスから0.6秒差の5着と僅か2戦で終えた。

 とはいえ長期休養明けで国内最高峰のG1レースを連戦し、どちらも一定の結果をもたらしたのは、ワールドプレミアの確かな素質を信じ、決して焦らず調整を続けた陣営の努力の賜物と言えるだろう。

 かくしてG1を2回使い、「21年始動戦」へと駒を進めるワールドプレミアだが、今度は「最愛のパートナー」が不運に見舞われてしまう。デビューから一貫して手綱を取って来た武豊騎手が、20日の阪神10Rの発馬ゲート内で騎乗馬が暴れ、右足甲を骨折してしまったのだ。武騎手は休養に入り、石橋騎手への乗り替わりが発表された。

 幸い調整過程は順調で、最終追い切りでは藤岡康太騎手を背にCウッドで6ハロン83秒0-12秒1をマーク。友道師は「徐々に良くなってきている。実戦に行けば力を発揮してくれる馬だし、相手なりに走ってくれると思う。今回は不安材料がないし、いいスタートを切って次につなげたい」とコメントを残している。

JRA日経賞(G2)武豊→石橋脩「弱小世代」ワールドプレミアは菊花賞馬の意地を見せ、主役となって天皇賞・春(G1)へ向かえるのか?の画像2

 現5歳世代牡馬の芝G1ホースはアドマイヤマーズ(香港マイル、NHKマイルⅭ、朝日杯FS)、サートゥルナーリア(皐月賞、ホープフルS)、ロジャーバローズ(日本ダービー)、ワールドプレミア(菊花賞)の4頭。

 昨年のG1優勝馬はおらず、「春秋グランプリ制覇」のクロノジェネシスや「最優秀短距離馬」のグランアレグリアに代表される「牝馬が強い世代」と言われて久しい上、ワールドプレミア以外の3頭は既に現役を退いている。

 もはやワールドプレミアは同世代の牡馬にとって「最後の砦」、このままでは自身も「弱小世代の菊花賞馬」のレッテルを貼られてしまいかねない。

 日経賞には、こちらも松山弘平騎手との新コンビで「強い5歳牝馬」カレンブーケドールも出走を予定しているが、相手にとって不足はないだろう。春の盾獲りへ。「強い菊花賞馬」の復活に期待したい。

日経賞(G2)武豊→石橋脩「弱小世代」ワールドプレミアは菊花賞馬の意地を見せ、主役となって天皇賞・春(G1)へ向かえるのか?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?