NEW

JRAワールドプレミア「前哨戦3着」は天皇賞・春(G1)好走の布石!? 武豊は昭和、平成に続き令和でも盾男襲名なるか

【この記事のキーワード】, ,

JRAワールドプレミア「前哨戦3着」は天皇賞・春(G1)好走の布石!? 武豊は昭和、平成、令和でも盾男襲名なるかの画像1

 27日、中山競馬場で日経賞(G2)が行われ、ウインマリリンが昨年4月のフローラS(G2)以来となる重賞2勝目を飾った。絶好調・横山武史騎手による愛馬の会心の勝利は、19日に亡くなった岡田繁幸さんへ最高の手向けとなったことだろう。

 勝者あれば敗者あり。出走メンバーで唯一のG1ホースである19年の菊花賞馬ワールドプレミア(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は3着と敗れ、残念ながら年明け初戦を飾れなかった。主戦である武豊騎手の負傷による石橋脩騎手へ乗り替わりなど、決して順調にレースを迎えたわけではなかったこと。4キロの斤量差を与えたウインマリリンと横山武騎手によって完璧にレースを掌握されてしまったことなどを加味すれば、さほど悲観的な内容ではないように思える。

 レース後、石橋脩騎手は「雰囲気が良かったですし、道中も落ち着いて走れていました。ストライドの大きい馬ですし、徐々に外に進路を求めるような形で、いい感じで3コーナーを迎えられました。上位とは斤量の差が出たと思いますが、とても上手に走っていたと思います」とコメントを残した。

 ワールドプレミアは元々末脚に定評のある馬であり、今回の上がり3ハロン34秒5は2着カレンブーケドールと並んでレース最速タイ。上がり最速を記録したのは昨秋の復帰以降3戦目で初となる。、復活への足掛かりを掴んだとも言えるだろう。


 「日経賞3着馬」は過去10年でルーラーシップ(QE2世S)、マリアライト(宝塚記念)と2頭が当年のG1を制したのをはじめ、活躍馬を多数輩出している。さらに昨年はスティッフェリオが次走の天皇賞・春(G1)で「近年最強ステイヤー」フィエールマンを相手にあわやの名勝負を演じたのは記憶に新しいところだ。

 ワールドプレミア自身、G1初制覇となった菊花賞前の神戸新聞杯(G2)ではサートゥルナーリアの3着。このときも上がり3ハロン最速であったことを考えると、むしろ「吉兆」とも取れるかもしれない。

 大目標である天皇賞・春にはアリストテレスが参戦するが、こちらはコントレイルの2着に敗れた馬。ワールドプレミアは現役唯一の菊花賞馬として参戦する事になるだろう。

JRAワールドプレミア「前哨戦3着」は天皇賞・春(G1)好走の布石!? 武豊は昭和、平成、令和でも盾男襲名なるかの画像2

 昨年、一昨年と連覇のフィエールマンは重賞競走の勝利を全てG1で飾ったが、ワールドプレミアは先輩菊花賞馬の蹄跡を辿ることが出来るだろうか。

 そして、現在は右足の骨折療養中の武豊騎手が持ち前の驚異の回復力で間に合うようであれば昭和→平成→令和と「3元号での盾男」も現実味を帯びてくる。

 今年は阪神競馬場で行われる天皇賞・春。強い菊花賞馬と盾男の復活に期待したい。

JRAワールドプレミア「前哨戦3着」は天皇賞・春(G1)好走の布石!? 武豊は昭和、平成に続き令和でも盾男襲名なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合